2015年11月06日

早稲田ミョウガの自家製ドレッシングとピクルスを、生産者の井之口さんから戴いた。


更科蕎麦と江戸野菜を味わう「更科堀井 秋の会」が開催されたことは、当ブログで紹介したが、
早稲田ミョウガを食べた方も少ないだろうと、前から井之口さんに出来たら皆さんに食べてもらいたいからと、お願いしていたが、今年気候の関係で、出盛りが早かった関係で、10月末まで持つか約束できないと云われていた。

しかし、井之口さんは畑を掘って探してくれて、「名残り」の早稲田ミョウガを皆さんにたべて戴いたので、そのお礼に伺った。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
井之口さんは、研究熱心で、料理研究家の林幸子先生に教えていただいた早稲田ミョウガのドレッシングを、家族の好みに合わせた味付けにしたものと、新宿御苑のレストラン・ゆりの木の伊藤秀雄総料理長に教えてもらったピクルスを作ったからと頂いた。

早稲田ミョウガは、規格外のものだが、茎に近い白い肌の部分などを切り落として、赤身の美しいところだけを利用して作ったとかで、色鮮やかに仕上がっていた。


2-1.JPG

今年は、亀戸大根も蒔いてみたとかで、間引き菜が美味しいと頂いたが、亀戸大根は、練馬ダイコンなどと異なり、葉が柔らかい。

そして、定評のある井之口さんのキャベツを頂いた。
井之口さんが栽培している早稲田ミョウガの縁で、井之口さんのキャベツが手に入るようになったと喜んでいるレストランが増えている。

今年の東京都農業祭の品評会、農林水産大臣賞は「なす」を対象に審査が行われたようだ。
確かに出品点数も多かったし、良いものが出ていた。

そんな中でも、井之口さんのキャベツは、キャベツ部門ではトップで、大臣賞に次ぐ東京都知事賞を受賞して、特別賞のステージに並んでいた。

井之口さんは、江戸東京野菜の展示コーナーにも顔を出してくれた。

女流カメラマンの高橋淳子さんは、江戸東京野菜のステージも撮っていた。
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック