2015年11月15日

全国農業新聞の食育コラムで、江戸東京野菜が取り上げられた。


10月の初め、農業マーケティング研究所の山本和子所長からメールを頂いた。
山本所長とは、以前、東京都のシンポジウムでご一緒にパネルディスカッションをしていて、当ブログで紹介している。

何でも、今、全国農業新聞に食育コラムの連載をしているそうで、今回、江戸東京野菜を活用した食育や、マーケッティング等について取材をしたいので、時間を取ってくれと云うもの。

丁度、新宿では内藤トウガラシのイベントが始まっていて、新宿高野本店でサロンセミナーの講師を依頼されていることから、午後からなら時間が空くので高野本店前で待ち合わせをした。





2-1.JPG

江戸東京野菜が、都民の皆さんに知っていただいた1つに、平成9年の農協法施行50周年記念事業として、都内50カ所に、「江戸東京の農業」の説明板を設置したことが大きかった。

上の画像をクリックする
新宿には、4カ所に建立されたが、その1つが、花園神社で、伊勢丹側の鳥居の近くに建っていて、山本所長を案内した。

山本所長は、このような設置の取り組みは、全国で行われている活動に参考になるだろうと語った。




3-1.JPG

新宿区では、「内藤トウガラシ」が大久保小学校、「内藤カボチャ」が西新宿小学校、「鳴子うり」は柏木小学校、「早稲田ミョウガ」は早稲田小学校と、各校に伺って、伝統野菜の授業を行っている。

これらの活動発表は、その後、新宿区四谷区民センターに1週間張り出されていたので、山本所長を案内しご覧いただいた後、近くの喫茶店で取材に応じた。

上の画像をクリツクする
11月13日付けの全国農業新聞地方総合ページに掲載された。
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック