2015年12月17日

「拝島ねぎ保存会」のお披露目式は、北川市長、高橋JA組合長が出席して行われた。


江戸東京野菜は、昨年9月に6品目が追加承認されたが、その中に拝島ネギがある。
昭島市では、伝統ある拝島ネギを市の特産野菜にするため、2009年に立川市にある東京都農林総合研究センターに、栽培試験を依頼している。

交配種との比較試験でも、良い結果か出たことから、系統選抜した種を2012年に生産者に配布して栽培復活が始まった。

2013年5月に、昭島市農業経営者クラブの総会後の講演に招かれ、「江戸東京野菜」の情勢についてお話をしたが、その中で「拝島ネギ」を江戸東京野菜に申請してはとお伝えしていた。

「江戸東京野菜推進委員会」(JA東京中央会)に提出する資料が間に合わなかったこともあり、翌年の2014年に資料が整い申請し、追加承認された。

昨年、江戸東京野菜コンシェルジュ協会が実施した「冬の江戸東京野菜セット」でも、鈴木勇作さんが栽培した拝島ネギが加わった。
江戸東京野菜のラインナップに加わったことで、需要も拡大した。

今年の「第47回 昭島市産業まつり」で拝島ネギを販売したら、当日用意された356束が、どの野菜よりも早い完売だったという。




1-1チャ.JPG

昨年来の「拝島ネギ」反響の大きさに、昭島市では、農業委員会、農業経営者クラブ、に加えJA東京みどり、東京都、JA東京中央会、当研究会で、「拝島ねぎ保存会」を結成、このほどお披露目式が開催されたもの。

お披露目式では、拝島ねぎ保存会会長になられた鈴木勇作さんが、挨拶にたち、拝島ネギが拝島の地で定着したいきさつ、復活の取り組みなどを話され、昭島の特産として栽培の拡大を進めたいと、決意を述べた。

上の画像をクリックする
会場では、北川穰一昭島市長、JA東京みどりの高橋信茂代表理事組合長、東京都中央農業改良普及センターの矢引達人さんが挨拶をされた。

江戸東京・伝統野菜研究会代表としてもご指名を頂いたので、最近の江戸東京野菜を取り巻く情勢についてお伝えした。
昭島市の、いや東京のおもてなし食材として、東京、昭島市に来て食べて戴く食材に育てていただきたいとお願いした。

特に、北川市長がおられたので、食育として、小学校での栽培や、学校給食での活用などについても、検討をお願いした。
昭島市農業委員会の中野久史会長には、今年、足立区農業委員会の荒堀安行会長のお骨折りで、千住ネギを復活させたことを事例として紹介させてもらった。

中野貴産業活性課課長(昭島市農業委員会事務局長)と小山雅生さん(右下)。
小山さんは、拝島に拝島ネギを導入した1人小山倍伸さんのご子息として招かれた。



2-0.JPG

多摩地域魅力発見隊が「拝島ねぎ保存会」を、YouTubeで紹介していることを、モニターで披露した。
上の画像をクリックするとYouTubeへリンクする





3-1ャ.JPG

拝島ネギの「ぬた」と刺身
福島町のみずき屋で行われた同式には、拝島ネギづくしが出された。

東京都では「とうきょう特産食材使用店」の募集を行っているが、鍋物のシーズンを迎え、デパートや量販店からの引き合いもあるという。




4-1.JPG

拝島ネギの焼き鳥

会場では、これからお世話になる水野宏一市民部長、増田英男都市農業担当係長と名刺交換をさせてもらった。

席が隣り合わせになった拝島町の臼井進さんは、自分で採種を行っている拝島ネギの写真を見せていただいた。上の画像をクリツクする

私の地元からは岩田英雄さんも見えていたので、来年からは栽培していただけそうだ。




5-1.JPG

銘々の鍋に入った拝島ネギ
拝島ネギの甘みが引き立った。

当日は、多摩八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表も参加して、保存会の皆さんとの交流を深めていた。





6-1.JPG

たぬきうどんと牡蠣フライ
拝島ネギの辛味が美味しかった。

尚、当「江戸東京野菜通信」のトップページ左の「カテゴリ」の中に新たにバナー「各種ネギ・砂村、千住・拝島」を設けたので、ご参照下さい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック