2015年12月22日

JR三河島駅エコプロジェクトで地元の伝統野菜「三河島菜」が駅構内で栽培されている。



先日、JR日暮里駅のイベント広場で開催された、につぽりマルシェで荒川区の伝統野菜「三河島菜」が販売されたことを紹介した。

会場の展示ブースには、都立農産高校の取り組みを紹介したパネル等が貼られていて、入り口には、青茎三河島菜のフラワーポット植えが展示され、テーブルには、配布用の資料が置かれていた。

そこに立て掛けた資料があり、準備をしていた荒川区観光振興課の三宮捺湖さんに伺うと、JR三河島駅がエコプロジェクトとして、青茎三河島菜の栽培がおこなわれているので、12月7日に駅構内で撮影してきた写真で、三宮さんが作成し、今後ことあるごとに紹介していくという。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
JR三河島駅では三宮さんの情報提供もあり、栽培が始まったと聞いていたが、写真を見て、三宮さんにブログ掲載に写真の提供をお願いしたら、丁度、同駅梶山喜光助役がみえたのでお願いし、掲載に付き了承を頂いた。



2-1.JPG

JR東日本では、省エネなどの環境保全技術を導入する取り組みとして駅毎に「エコステ」を行っている。

上の画像をクリックする
そのひとつ【環境調和】として、人と環境の調和により活気を創出する取り組みを行っていて、JR三河島駅では「三河島菜」を栽培して、自然や地域との関わりを重視した取組みで、その役割を果たしている。

同駅近くの「三河島稲荷神社」には「三河島菜と枝豆」の農業説明板があるが、駅で栽培されているのは、ありがたいことだ。
一部では種採りも行ってもらいたいものだ。

これまで、江戸東京野菜としては、JR亀戸駅の線路脇で地元商店会の「亀の会」が「亀戸大根」の栽培をしているが、栽培としては2番目になる。



posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック