2015年12月28日

大田区馬込と小金井市の地域間交流が、馬込三寸ニンジンと馬込半白キュウリを栽培しているご縁で行われている。


「江戸東京野菜を味わう 秋の一日 in小金井」のイベントが “黄金丼フェア”に合わせて行われると、当ブログでご案内をしていたが、

12月27日「大田区発祥の江戸東京野菜 馬込三寸ニンジン 未来に残したい」と、東京新聞の杉戸祐子記者が書いてくれた。、

同イベントについては、すっかり忘れていたが、新聞を読んで、収穫体験を企画したNPO法人「大森まちづくりカフェ」理事の、山田智士さんから、写真を送ってもらった。

山田さんは、大田区に長く住んでおられたが、仕事の関係で6年前に府中市に転居したことから、隣の小金井市で、江戸東京野菜でまち興しを行っていることを知り、

しかも、江戸東京野菜の馬込三寸ニンジン、馬込半白キュウリを栽培していることから、大田区馬込と小金井市の地域間交流を思い立ったという。




1-1.JPG

江戸東京野菜コンシェルジュ協会が取り組んでいる、江戸東京たてもの園の“小さな畑”を、小金井市商工会・産業振興プラン推進室 「黄金井の里」の千葉幸二さんが案内した。

上の画像をクリックする
当日、実施していた“黄金丼フェア”の中でも、割烹「眞澄」の、馬込三寸ニンジンの入った「秋彩(あきいろ)の重」を昼には頂いた。



2-1.JPG

上の画像をクリックする

玉川上水脇の大堀ファームに移動して、園主大堀耕平さんの説明を受けて、馬込三寸ニンジンや亀戸大根の収穫体験をおこなった。

小金井市に比べて農地の少ない大田区からみえた参加者は、地元馬込の名がついた三寸ニンジンの収穫を愉しんだようだ。

山田さんのメールには、
「小金井市商工会の千葉様、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所理事長、「小金井江戸の農家みちの会」の方々にお世話になりながら、
 昨年から大田区と小金井市の関係者が相互に訪問して交流を深める取り組みを始めております。」
とのことだった。

次世代に伝えたいと取り組んでいる江戸東京野菜の復活栽培、馬込を冠した野菜を大田区の皆さんと共に伝えていきたいものだ。

posted by 大竹道茂 at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み
この記事へのコメント
大竹先生、ご紹介ありがとうございますm(__)m
嬉しいです^^
今後も、お力添えのほど、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by まきの at 2015年12月30日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック