2016年02月23日

内藤とうがらし生産者会議が、新宿御苑で開催された。


新宿における内藤トウガラシの普及は、(株)ナルコーポレーション 内藤とうがらしプロジェクトが展開しているが、プロジェクーの成田重行リーダーのもとで、

2016年度 第1回 内藤とうがらし生産者会議開かれ、小平の生産者宮寺光政さんを議長に、国民公園協会新宿御苑 レストランゆりのきで、16日に開催された。



1-1.JPG

内藤トウガラしの生産者は、20数名となっているが、今回は、ご都合のついた生産者が集まった。

上の画像をクリックする
東村山市の久野稔晃さん、練馬区の井之口勇喜夫さん、練馬区の野坂亮太さん、府中市の石川孝治さん、八王子市の立川太三郎さんの代理として福島秀史さん、練馬区の加藤晴久さん、小平市の宮寺さん、以上生産者に成田リーダーと、阿部千由紀さん、(順不同)



2-0.jpg

上の画像をクリツクすると、youtube にリンクする。
初めに、成田リーダーから、2015年報告として 内藤とうがらしプロジェクトの取り組みとして、
テーブルに置かれてテレビのモニターからyoutubeで、配信されている取り組みを写しだした。

続いて、各生産者から報告があった。




3-1.JPG


2016年度の 内藤とうがらしプロジェクト計画について、成田リーダーから

◆新宿内藤とうがらしフェア
  <春>4月29日〜5月8日新宿御苑
  <秋>10月1日〜10日新宿全域

◆内藤とうがらしサミット9月25日学習院女子大学

◆内藤とうがらし交流会9月30日新宿御苑

◆江戸新宿散歩(とうがらし編)ガイド研修会・一般
◆学校での普及活動 新宿区内の幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学

◆とうがらし応援隊
学習院とうがらし女子、早稲田大学農薬塾、八志会応援隊、追っかけ隊、
都立園芸高校応援隊、新宿調理師専門学校応援隊、女子栄養大学応援隊、新宿花園創生会

上の画像をクリックする




4-1.JPG

レストランゆりのきの、山中祐樹シェフソムリエが、
江戸東京野菜の生産者のためのスペシャルランチを作ってくれた。

上の画像をクリックする
スイーツは
内藤かぼちゃのパウンドケーキとムースに生クリーム




5-1.JPG

真ん中が、伝統大蔵大根のステーキ

上の画像をクリツクする
写真左下、内藤とうがらしの葉とうがらし、
内藤とうがらしの佃煮

写真左上、珍しい鹿肉のミートソース

生野菜のルツコラとレタスは有機野菜で、
早稲田みょうがのドレッシングがかかっていた。

内藤かぼちゃのスライスとブルーベリー

亀戸大根の甘酢
滝野川ニンジン
早稲田みょうがタケ

東京ウドの輪切り




posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック