2016年05月09日

駒込ナスの農業説明板が建っている 駒込の富士神社を久しぶりに参拝した。


先日、駒込に行く用事があったので、東京メトロ南北線に乗らずに本郷通りを歩いてみた。
平成9年に「江戸東京の農業」の説明板、「駒込ナス」を建てさせてもらった、富士神社に久しぶりに参拝した。

富士神社は、天正元年(1573)に本郷村の名主木村万右衛門と牛久保隼人の2人が、夢に木花之佐久夜毘売命の姿を見て、翌年駿河の富士浅間社を勧請した。

寛永6年(1689)に、加賀前田候が上屋敷(現東京大学構内)を賜るに当たり、その地にあった富士浅間神社をこの地に移したと云う。





1-1-1.JPG

社伝によれば、延文年間(1356〜61)には、すでに現在の社地は冨士塚と呼び大きな塚があったという。

江戸期には富士の浅間神社にお参りに行く富士講が盛んになり、近くで富士参りができるようにと、富士の山を模した小山が作られ、頂上に浅間様が祀られた。

同社は氏子を持たずに、富士講の組織で成り立っていることから、ふだん御社殿や社務所などは鍵がかかっているが、
富士山の山開きである6月30日〜7月2日には、山開きの例大祭が行われ、この日ばかりは、石段下の広い境内に多くの露店が出て、参詣者でにぎわう。




2-1.JPG

駒込ナスの説明板は、石段右の柳の脇に建っているが、日頃、管理する者がいないからか、執ように何かをぶつけたような傷が付いていた。残念!

上の画像をクリックする
駒込ナスは、丸ナスと聞いているが、駒込ナスは消滅してしまったのか、まだ見つかっていない。

江戸で栽培されていた農産物は、巣鴨のタネ屋街道で販売されて、江戸みやげとして、全国に持ち帰られた歴史があるから、まだ望みは棄てていない。

駒込ナスをむく浮世絵が残っている。
江戸志まん名物くらべ(江戸自慢名物比べ)として、変体仮名等を使って「こま込のなす」と読める。

追録

農業説明板を設置した神社の幾つかに、富士山信仰から構築された、富士塚が残っている。

「品川カブ」の品川神社にある富士塚からは、江戸前の海が臨めたという。

「鳴子ウリ」の成子天神社にある富士塚は、高層マンションに囲まれた。

尚、文京区には、護国寺の「音羽の富士」と、白山神社の「白山の富士」がある。

posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック