2016年06月13日

都立瑞穂農芸高校による「江戸東京野菜で六次産業化 〜瑞穂を笑顔にプロジェクト〜」が成果を出している。


都立瑞穂農芸高校では、内藤トウガラシによる、「江戸東京野菜で六次産業化 〜瑞穂を笑顔にプロジェクト〜」に取り組んできたが、商品開発が進んでいて、

いただいた七色唐辛子をソバなどで試食をしたが、七色個々の素材が生きていて美味しかったことは、当ブログで紹介した。




1-1.JPG


先月8日、地元のイベント「残堀川ふれあいイベント&ふれあいウォーキング」で、地元瑞穂町の「みずほブランド」に認定され、瑞穂の石塚幸右衛門町長から認定書を受け取った。

上の画像をクリックする
日本教育新聞の2016年5月23日号の14面に、「社会を変える高校生」として「よみがえる伝統野菜」「地元食材と組み合わせ商品開発」が経緯された。



2-1.jpg


当日のイベント販売では、生徒の努力もあって1日で完売となったという。

上の画像をクリックする
また、飲食店としては、地元の鉄板居酒屋「アメズキッチン (tel042-511−5551)」が、瑞穂七色トウガラシが肉に会うというのでメニューの試作用に先行販売をしてもらったとある。

また、瑞穂七色トウガラシを使ったメニュー開発も進んでいて、同店では、残堀川ふれあいイベントでの様子を、facebookで紹介している

追伸
この記事は、大竹道茂の江戸東京野菜ネットでも紹介している



追録
おかげさまで、本日アクセスカウンターは、
68万ヒットになりました。
ありがとうございます。


posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック