2016年06月17日

江戸東京野菜の復活普及パートナー・宮寺光政さんと、更なる活躍を祈念し会食。


江戸東京野菜の復活普及においては、パートナーとして、お世話になっている宮寺光政さんを昼食に誘った。

品川カブの復活から始まった、宮寺さんの江戸東京野菜の栽培は各種あるが、4年前から地元小川町1番組の自治会長になってからは地元最優先で、江戸東京野菜のイベントなどとダブるときなどは断られていたが、このほど4年の任期を終えたという。

また、昨年は、体調を壊ししばらく入院をされていたが、3月で1年が経過し、体調も戻ってきているので、これからも、江戸東京野菜の中心的リーダーのひとりとして期待していることを伝えた。




1-1.JPG

今年2月にオープンした「立川屋敷」に、家内が友人と行ってきたと、パンフを見せてくれたが、この農家を知っているかと聞かれたのを思い出して、宮寺さんに日程を取ってもらった。

入り口に、立川屋敷〜中野邸由来〜
昭和初期、立川街道に面して建てられた・・・
貴重な建築文化様式である。
六間型名主住宅と端正な本庭のほか、
古の武蔵野の面影を留めたお屋敷が、
「がんこ立川屋敷」となりました。
とあった。



2-1-1.JPG

上の画像をクリックする
心字池があり、築山があるというような庭園ではないが、食事をしながらみる庭は十分に寛げる。

坪庭もある。





3-1.JPG

通された部屋は、内蔵を改造した部屋。

上の画像をクリックする
メニューの「お昼の食事会」から「いろどり弁当」を注文する。





4-1-1.JPG


宮寺農園から、立川駅に向かって車で10分ほどのところにある。
立川、昭島では中野家は名門で、昔から立派な家があるのは知っていたが、

上の画像をクリックする。
前菜(写真左上)

ほうれん草のお浸し、ぶりの照り焼き、中心は炊き合わせ。
おぼろ豆富のトマトジュレかけ、蓬扶に田楽味噌
鱧と胡瓜の酢の物

お造り
湯葉とがんこ鯛
 四国宇和海で養殖した。
サーモンとマグロ

揚げ物
海老、南瓜、ピーマン、ハス、ゴボウ

豚しゃぶ

ご飯

鱧そぼろの山椒かけご飯
お代わり自由





5-1.jpg

チーズケーキに紅茶を頼んだ

1時間ほどの時間だったが、宮寺さんはひと仕事終わったとホッとしていたが、
今度は、小平市野菜組合の組合長になったとかで、これからも忙しいようだ。



posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック