2016年07月13日

JR錦糸町駅ビル「テルミナ」で、秋のイベントに向けテナント説明会を行った。


昨年の9月に、JR錦糸町駅ビル「テルミナ」で、江戸東京野菜を使ったオータム・グルメ・フェスタが開催されたことは、当ブログで紹介している。

江戸東京コンシェルジュ協会でも昨年の成果を踏まえで、企画会社の、(株)ロケーションリサーチの瀬川雄貴社長に今年の開催を要請していたが、先日、「テルミナ」の会議室で、テナント向け説明会を行い、約20名にご参加いただいた。





1-1-1チャ.JPG

上の画像をクリックする
当日は、「江戸東京野菜とは」について、江戸東京野菜は、江戸から東京に至る歴史の中で食文化を育んできた野菜で、明治、大正、昭和において生まれた固定種の野菜も含むことから、「江戸野菜」「東京野菜」の分類はないことなどを説明。

また、この度の企画では、滝野川ゴボウ、寺島ナス、東京ウド、しんとり菜、伝統小松菜、内藤カボチャ、などが活用されることから、これらについて説明を行った。

また昨年料理指導を行った、上原恭子理事が、野菜の特徴と調理の仕方などについて説明。
また、試食も行った。


2-1-.JPG

上の画像をクリックする
今回の江戸東京野菜の流通は、東京シティ青果が担当、細野平一部長と高橋磨諭さんが取り扱い納入について説明をおこなった。

また、直接取引を行う、築地の仲卸(株)かねす鈴屋の矢田貝幸恵野菜部長は、参加店との名刺交換を行っていた。


posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック