2016年01月25日

もっと知りたい江戸東京野菜「とうきょう『農』紀行」No40は、下山千歳白菜と、青茎三河島菜。


JA東京中央会が発行する広報誌「とうきょう『農』紀行」No40が届いていた。

今回は、東京の酪農家の1人として八王子市の小俣行弘さんが紹介されている。
プレゼントには、東京牛乳のラスクとサブレが、読者にプレゼントされる。




1-1-40-0.JPG

上の画像をクリックする

もっと知りたい江戸東京野菜は、「下山千歳白菜」と「青茎三河島菜」
この企画、今回が最終回となる模様。

今回は、「農業体験農園」を紹介しているが、
農家が栽培指導をしてくれる農園、いわゆる市民農園等とは異なり、
初めてでも丁寧に指導してくれるから、プロ並みの収穫が期待でき、
日に日に農作業にのめり込んでいく。

「とうきょう『農』紀行」前号はここから




posted by 大竹道茂 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック