2016年09月28日

鎌倉市立御成中学で鎌倉ダイコンの栽培が始まった。


8月30日に、鎌倉ダイコンについてのプレゼンを、市立御成中学校(豊永良一校長)の科学部で行ったことは当ブログで紹介した。

技術家庭科の磯部和宏教諭が、文化祭で発表すると云っていたので楽しみにしていて、午前中の仕事を終えで、2時ごろ同校に伺った。





1-1.JPG

福来鳥の女将さとうえださんと、栽培担当の府川七郎さん、鎌倉在住でアグリビジネスコーディネーターの井出朋子さんとで、御成中の桐葉祭に出かけた。

同校は、山の上にあるが、この日は一般公開で車の乗り入れはできず、みなさん歩いてのぼった。

上の画像をクリックする
今年の桐葉祭ポスターは豊永校長先生の笑顔だそうで、頂いたプログラムの表紙も校長先生だった。
小日山理香教頭にお願いして畑も見せていただいた。



2-1.JPG

写真右から、井出さん、小日山教頭、磯部教諭

伝統野菜は人と人を結びつけると云うが、鎌倉在住の井出さんは、お嬢さんが中学時代に小日山先生に習ったというご縁もあり、卒業以来の再会になった。

桐葉祭は各文化部の活動内容の発表の場で、科学部は新館・北館2階で行われていた。

上の画像をクリックする
科学部には、木工班が作った木工作品の展示や女子手芸・調理班まで内容は多彩で、素晴らしい成果が展示されていた。
鎌倉ダイコンの取り組みは、期間が短かったが、入り口に取り組み始めた様子を展示してくれていた。

種蒔きの様子は写真が張ってあった。
鎌倉ダイコンの種は、水の入ったビニール袋に莢のままつけて、畑に持ち込み、一粒づつ、播種したようだ。





3-1-1.JPG

小日山教頭に鎌倉の海が望める校庭南側から、一段下がった斜面下にある畑にご案内いただいた。
鎌倉ダイコンの生育状況を見せてもらった。

上の画像をクリックする
野生種特徴が葉や茎に表れていた。
11月末の収穫が楽しみだ。

追録


4-1.JPG

御成中学からの帰りに、佐助の畑に寄ってみた。

上の画像をクリックする
府川さんが、今日も草むしりをしたと云っていたが、鎌倉ダイコンは発芽にむらがあった。

追伸

鎌倉ダイコン未来研究クラブの広報担当・御園真倫子さんの所に、鎌倉市立第二中学校の相田良一校長から電話があり、28日に種まきをすると云うので、取材に行くと連絡が入った。


posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック