2016年09月30日

地元の拝島第二小学校で、地元特産の江戸東京野菜「拝島ネギ」について話す。


昭島市立拝島第二小学校(前田元校長) 3年生の社会の時間で、「昭島市の農家の話し」をテーマに話した。

毎年、打ち合わせなしに、学校に伺ってお話をしていたが、今年は、孫娘がお世話になった、杉本幸司教諭に立ち会ってもらって、3年担任の千葉祐紀教諭と7月だったか打ち合わせを行った。

昨年実施した教室は、明るい教室でパワーポイントの映像が見えづらかった。
映像をたくさん使ったパワーポイントなので、映像が良く見えることが重要なので、今年は体育館を用意していただいた。
スクリーンも大きく、見やすかったので、生徒たちの反応も良かった。




キャプチャ.JPG

1組 33名(担任・嶋明香理教諭)
2組 34名(担任・千葉祐紀教諭)
3組 35名(担任・細野千裕教諭・小林潤子教諭)
3年生は3クラス102名、

上の画像をクリックする

昭島市の農業は、多摩川流域には水田があり、多摩川の河岸段丘から湧く泉があり、ワサビ栽培が行われている。
さらに高いところには、果樹園もある。

鉢花栽培の農家の中には、シクラメンの生産農家もある。
また、畜産農家の内、養鶏業は残ってる。
酪農や養豚はなくなったが、同校の近くでは、昭島市に隣接する立川市西砂には酪農や養豚農家がある。



2-1.JPG

「昭島の農業」の次は、10月6日に農家見学に行く、岩田英雄さんの農業について紹介した。

岩田さんは、江戸東京野菜「拝島ネギ保存会」の一員で、今年から栽培をしてくれている。

上の画像をクリックする
先日、台風でやられたというので心配していたが.、伺ったら、殆どのネギが立ち直っていて、少し遅れたがこれから土寄せを行うという。

生徒には、拝島ネギは、拝島で昔から栽培されていて、葉が柔らかくて美味しいネギだということを伝えた。
同校の福田育子栄養士に、今日の授業と、農家見学で「拝島ネギ」を勉強するので、次は食べることが必要で、11月になったら給食で使ってほしいとお願いした。

勿論、岩田さんの了解済みの話しだが、福田先生も了解してくれた。

今年も11月に開催される昭島市の産業祭には、たくさんの拝島ネギが販売される。
保護者のみなさんにも食べていただきたいものだ。

話は10分を残して終えて、質問を受けた。

生徒たちの手が次々に上がって、地元の農業に興味を持ってくれたようだ。
ただ、最近、年のせいで、生徒の質問が聞こえづらく、先生方に質問の内容を仲介をしてもらうなど、生徒にも先生にも迷惑をかけてしまった。

来週、農家見学での再会を約束して、授業を終えた。

尚、今回は「農」のある暮らしづくりアドバイザーとして(一財)都市農地活用支援センターから派遣された。

posted by 大竹道茂 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック