2016年10月01日

“更科蕎麦+江戸東京野菜を味わう” 「更科堀井 秋の会」のご案内。


昨年10月から始まった、更科堀井 四季の会は、7月に好評をいただき終了したが、参加者の皆さんの要望と、更科堀井のご主人九代目堀井良教さんのご理解をいただいて、11月から2回目の四季の会を開催することになりました。

この季節、例年ですと、滝野川ゴボウ、滝野川ニンジン、シントリ菜、伝統大蔵大根、千住ネギ、
内藤カボチャ、青茎三河島菜、伝統小松菜などがありますが、お料理は、このような中から、林幸子先生に選んでもらうことになります。




1-1-3.JPG

日時:11 月14 日(月)、15 日(火)、両日とも午後6 時開開会
会場:麻布「総本家更科堀井」(港区元麻布3−11−4)
南北線麻布十番駅4 番出口より7 分
商店街を直進、左側に「総本家更科堀井」の立看板が見えます。

会費:5,500 円、お酒代は各自
募集:各日24 名様
主催:江戸東京野菜コンシェルジュ協会+江戸ソバリエ協会

料理指導:料理研究家 林幸子 (江戸ソバリエ講師、アトリエグー主宰)
コメント:堀井良教 (「総本家更科堀井」九代目店主)
ほしひかる (江戸ソバリエ協会理事長)
大竹道茂 (江戸東京野菜コンシェルジュ協会会長)

なお、若干名キャンセル待ちもあります。
申し込みは下記から。
kyo-u@k02.itscom.net
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック