2016年11月05日

「第10回 練馬大根引っこ抜き競技大会」用の大根が、練馬の地ですくすくと育っていた。


10年前に、練馬区独立60周年記念のイベントとして開催された、「練馬大根引っこ抜き競技大会」.
あれから10年経過した。

第1回、第2回大会は、大泉の村田さんの畑で開催したが、その後、石神井地区、練馬地区、そして大泉地区の順で何度か回って、今回の第10回は練馬地区で開催される。

すでに募集は数日で満杯となったが、大会終了後の残った大根は、毎回来場者の皆さん全員で抜いてもらっている。




1-1-2.PNG

生産者にお話を聞いたが、今年は9月の長雨等で生育が今一つだというが、順調な生育を見せていた。

上の画像をクリックする
市街化の進む練馬地区でこれだけの農地を残しているのはすごい。

こちらの生産者には40年前に伺ったことがあるが、当時はまだ周辺に農地が残っていたが、今では住宅地の中のほっとするオープンスペースになっていた。

尚、江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、同日、西武池袋線練馬駅集合で同大会の応援・体験ツアーを予定している。
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック