2016年12月08日

日本の伝統食を考える会の「伝統食列車25号」最終日にも江戸東京野菜の機会を作っていただいた。 


伝統食列車25号は、3日から始まった。
資料等を見せていただいたが充実した内容で、全国から参加された皆さんも、改めて東京における多用な食文化の歴史を学ばれたことだろう。

最終日は、会場を、隅田川に架かる勝鬨橋のたもとにある、築地市場厚生会館に移して行われ、
 9時半から依頼された講演は
「江戸の食の ”柱” は江戸生まれの野菜」

10時半から
「江戸前が育んだ魚と食文化」
漁労史研究家・藤井克彦先生


事務局からは、お昼予約している食事処へ移動すると云うので、1時間以内を心掛けた。
    




1-1.PNG

前日の郷土食交流会の様子の写真は、深夜に松嶋あおいさんからメールでいただいた。
これらの写真は、パワーポイントに組み込んで、皆さんに紹介した。

話の導入では、2011年4月25日 「日本の伝統食を考える会」の30周年記念東京ミーティングが、新宿で開催されたときに招かれた。

また、おさらいとして、昨日浅草の「駒形どぜう」に行かれたグループに手をあげていただき、ドジョウの食べ方について紹介したり、
一品料理として「笹搔き牛蒡」についても紹介した。

また、深川江戸資料館に行かれたグループにも、手おあげていただき、江戸では舂米屋(つきごめや)が米を精白していたが、舂米屋の店内をご覧になったかも聞いてみた。

五代将軍の綱吉がまだ右馬頭(うまのかみ)時代に、脚気になった経緯について説明するのに、深川江戸資料館の「舂米屋」を映像で紹介した。

上の画像をクリックする
テーマの横断幕を作っていただいたが、会場には張ることができずに手持ちで紹介、プロフィールについては本部役員の浅岡元子さんが紹介してくれた。

江戸東京野菜には物語があるので、今回食べていただいた亀戸大根、伝統小松菜、青茎三河島菜、品川カブ、そして、練馬大根に絞ってお話を展開した。

物語から発見の経緯、どのように食べているかなどについて、肩の張らない話で紹介したが、皆さんからは面白かったと、喜んでいただいた。





2-1.PNG

「江戸前が育んだ魚と食文化」
 フィッシングエッセイスト・江戸前遊漁で、漁労史研究家の藤井克彦先生が、江戸の頃からの江戸前の遊漁について興味深いお話を伺った。

江戸前の海は、千葉から神奈川にまで広がっているが、木更津や三浦半島まで江戸前と云うのは許さない、など、おもしろい話だったので、

藤井先生の著書、「江戸前の素顔」(文春文庫) を早速取り寄せの手配を行った。





3-1.PNG

事務局が心配していたが、時間通り終わったことから、築地場外の「築地寿司清」と「築地すし好」に分かれて昼食。

築地寿司清に案内されたが、すでに店の前には行列ができていた。
予約されていたので3階の座敷に通された。

編集責任者の中筋さんのあいさつで、いただきます! 。
皆さんから、食事をとりながら江戸東京野菜と食育の取り組みなどについて、質問をいただいた。

4-1.PNG

皆さんは、食後の13時半から
「築地市場移転問題について」
 全労連・東京中央市場労組委員長・中澤 誠さんの講演が
予定されているが、

上の画像をクリックする
私は、先約があったので、観光客でごった返す場外を後にした。

posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック