2017年01月18日

国民公園協会 新宿御苑のレストラン「ゆりのき」で、明治の頃の資料を展示していた。


先日、福寿草が咲き、水仙が満開の新宿御苑に行ってきた。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長と上原恭子理事が、2月25日に新宿御苑で開催するスタデー&カフェの打ち合わせのため行ったようだが、

同苑の本荘暁子さんにお会いしたら、レストラン「ゆりのき」で、三田育種場が発行した「穀菜辨覧(前編)」を展示していると聞いて、見てきたと教えてくれた。

三田育種場は、新宿御苑が内藤新宿農事試験場時代に分園として現在の港区三田に設置されたもの。




1-1-3-.PNG

本荘さんにも、伊藤秀雄総料理長にもお会いしたいと思って、伺った。

(一財)国民公園協会 新宿御苑のレストラン「ゆりのき」前にある梅林には、一重の福寿草がたくさん咲いていた。

上の画像をクリックする
福寿草は、江戸の頃にはたくさんの園芸種が生まれたが、可憐な一重の品種も良い。
水仙も、香りの良い品種が満開だった。






2-1.PNG

レストラン「ゆりのき」の伊藤シェフにお会いし、今年も、江戸東京野菜のお料理をお願いした。

「穀菜辨覧(前編)」は、各ページをコピーし、よしずに貼られていた。

コピーをバックに伊藤シェフにカメラを向けたら、こんな格好で・・・・と、
コックコートを着た伊藤シェフを見慣れているから、これはお若く見える。

上の画像をクリックする
NPO法人江戸東京野菜コンシェルジュ協会が「ミュゼダグリ」と云っていた頃 新宿御苑とのコラボで「あっぱれ野菜! SUTUDY & CAFÉ」を、レストランゆりのきで開催したときに、本荘さんに、一度見せていただいたことがある。

ページ毎にコピーしてあると、見ごたえがある。
内藤とうがらしの、八房も、「八房蕃椒」「やつぶさたうがらし」とあり、肥料にも人糞や水糞の文字、時代を感じさせる。

元々は種の絵袋として使われていたようだ。


0012.jpg

出口には「とうきょう食材使用店」の冊子や協会のチラシも置かれていた。

上の画像をクリックすると、江戸東京野菜の使用店へ

当協会のチラシはここから。


posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック