2017年02月19日

「練馬大根たくあん」が、JA東京あおばの各直売所で販売されたと云うので買ってきた。


「練馬大根たくあん」が、13日から、JA東京あおばの各直売所で販売がスタートしたと云うので、大泉支店の隣にある「こぐれ村」に寄ってみた。

いつも、たくあんを置いてある保冷コーナーとは別に、特設ブースを作って販売していた。





1-1.PNG

数量限定! 商品がなくなり次第終了!

素朴な味とぱりぱりと歯切れがよい食感の人気商品!
柿の皮などを使って天然の旨み成分アップ!
のキャッチ

上の画像をクリックする
JA東京あおばでは、チラシを置いて、
「沢庵で炒めもの」、「沢庵とネギと卵のチャーハン」

新しい食べ方なども紹介していた。






2-1.PNG

この「たくあん」チラシによると、農協と練馬区が連携し、平成19年度から練馬大根育成事業として17戸の農家が約11000本を生産し、練馬区では農業祭等で販売や、練馬大根収穫体験事業、沢庵漬の加工・販売事業などを実施しているとある。

上の画像をクリックする
「練馬大根育成事業」の練馬大根は、我々が普及復活に取り組んでいる固定種の練馬大根とは異なり、交配種のF1だが、「地産地消」練馬で採れた大根には間違いはないので、1本購入してきた。







3-1.PNG

いつもたくあんを置いてある、保冷設備の方には、生産者が漬けたたくあんが置いてあった。
「村田さんちの大根たくあん」があったので、これも買い求めた。

村田千英子さんのたくあん漬けは「白首大根(あきまさり2号)」とあり、練馬大根などと誤解を招く表示は避けて良心的だ。
結局3本購入してきた。

因みに、村田さんは毎回〜更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう〜に来てくれていて、「更科堀井 冬の会」にも来て早稲田ミョウガダケを食べている。

上の画像をクリックする
沢庵漬けのノウハウは、今日健康食として減塩に努めているが、昔からの漬け方で伝統の技術は農家ごとに伝わっている。



posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック