2017年03月21日

東京湾クルージング、大型パーティー船「ジーフリート」で、大川端の夜景にお誘いいただいた。


毎年11月に東京都農住都市支援センターが、京橋の大根河岸から隅田川を渡り、小名木川を遡り、中川口まで行くバスツアーを実施している。

江戸は運河が張り巡らされ、水の都の一面を持っていた。
しかし1964年の東京オリンピック開催にあたり、都心部の運河は高速道路に姿を変え、日本橋の真上に高速道路が通過するようになり、景観が変わってしまった。

改めて、江戸期における農業、農産物、そして舟運を見つめ直すと、そこに江戸東京野菜の物語が浮かび上がる。





1-1tashiro.PNG

そんなことを、知り合いのスペインクラブの田代順社長に、水辺から舟運を体験してみたいなどと、お伝えしていたことがある。

田代社長は覚えてくれていて、ご友人の平野拓身氏(株式会社ジール社長) が、報道関係者を招いて特別試乗会を行うと連絡をいただいた。

なんでも、潟Wールが所有する船舶の内覧会を行い、
のどかな漁港風景から工業地帯、大都市の景観に至るまで、様々なクルージングの場面がある東京湾等での活用について紹介する、〜人々と海と水辺をつなぐ、クルージングを体験〜 に参加できるという。

当日は、品川区東品川の第三斎藤ビル1Fの、レストラン「キャプテンズワーフ」に伺った。

上の画像をタップする
今回の企画、田代社長も見えていて、挨拶をされていた。

平野社長(左)と、國谷剛部長(パーティーイベント事業部) から、パワーポイントを使ってのプレゼンが行われた。

同社は1993年6月に設立され、“人々と海と水辺をつなぐ”をコンセプトに東京を中心に内湾クルーズ船の商品企画、運営、運航が紹介された。

クルージングを気軽に体験できるよう、4種類の所有船舶(7隻)で航路・人数・目的に応じた様々な商品を展開。
パーティークルーズ、ウェディングクルーズ、撮影事業部、海洋散骨、グランブルーセレモニーの体制となっている。

天王洲アイルエリア(東品川)に自社プライベート桟橋と直営の地中海料理レストラン「キャプテンズワーフ」を所有している。





2-1.PNG

レストラン「キャプテンズワーフ」から自社桟橋に係留されている各船舶の内覧が行われた。

 
上の画像をタップする
大型パーティー船「ジーフリート

サロンクルーザー型旅客船「ニフティー52

炭焼きBBO&多目的船「チップ

運河・河川観光船
ルーク

海音

ゼンフリート








4-1-1.PNG

平野社長から、歓迎の挨拶。
これから桜のシーズンは、隅田川堤の桜並木、目黒川の桜並木を船上からお花見クルーズも人気商品だとか。

その他にも、隅田川クルーズ、東京湾クルーズ、運河クルーズ、水路クルーズなどがある。

上の画像をタップする
船長から、「ジーフリート」の紹介と、クルージングは90分程度を予定しています。と・・・






5-1-2.PNG

スペインのシェリー酒をワイングラスに注ぐべネンシアドールのパフォーマンス。
「生ハムと一緒にシェリー酒をどうぞ!」と・・・

上の画像をタップする
イベリコポークの生ハム(上左)と、ローストビーフ(上右)等が振る舞われた。

デッキでは、夜風を受けながら焼きたてのリブロースをいただいた。
田代社長に、シャンパンをついていただいた。
田代社長ありがとうございます。






6-1.PNG

クルーズのコースは、天王洲運河から京浜運河に出て、レインボーブリッジをくぐると、豊洲ふ頭と晴見頭頭の間へ、
豊洲運河から隅田川に出て、永代橋をくぐり、隅田川で一番美しい清洲橋の手前でUターンして帰路へ、

上の画像をタップする
デッキでは、パーティーイベント事業部の小野寺しげみ係長が案内してくれた。

勝鬨橋をくぐって右手に築地市場を見ながら、日の出桟橋、レインボーブリッジをくぐり、京浜運河から同船の桟橋・天王洲ヤマツピアへ。





7-1-5.PNG

桟橋天王洲ヤマツピアに戻った「ジーフリート」。

上の画像をタップする
クルージングの船内では、招かれた江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事や、料理教室を開いている田代由紀子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ)が、江戸時代の舟運と江戸東京野菜の話題で、交流を深めていた。

今回も初めての出会いがあった。
JTBパブリッシングの小林茂編集長(上左)、東京モノレール株式会社浜松町駅の山野道彦駅長(上右)は特別講演をされたが、品川カブを食べたことがあると、江戸東京野菜についてよく知っていた。

POW−DERのエディター高成浩氏、本命女になる方法の青山せり奈さん、風水・紫微斗数コンサルタントのAkiko Bibi Shimizuさんにお会いした。

2009年に、電気ボートで初めて日本橋川から隅田川までの舟旅をしたが、あの時はクルーズで何かコースを作ろうとまでは、思ってもみなかったが・・・

このクルージングで、江戸東京野菜と舟運について、幾つかのコースを「潟Wール」に提案してみようと思っている。


posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック