2017年03月31日

小金井市のプロジェクト「江戸まち連」が、江戸東京野菜利用店を紹介し、タペストリーを掲げる。


先日、小金井市のプロジェクト「江戸東京野菜でまちおこし連絡会(通称・江戸まち連)」 がチラシを作り、配布をしていることを 当ブログで紹介したが、一緒に小冊子を発行している。

江戸まち連のメンバーには、私も末席を汚しているが、小金井市民としては、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長、松嶋あおい理事、生産者としては大堀ファームの大堀耕平さん、

飲食の方は、割烹真澄の主人渡邉忠さん、割烹たけ バンブーの主人海老原紀男さん、ヴァン・ド・リュの永瀬義祐オーナーシェフ(江戸東京野菜コンシェルジュ)、チエリオの滑川一美オーナーシェフ(江戸東京野菜コンシェルジュ)などがメンバーになっている。

チエリオの滑川さんが、会議に積極的に出席するようになってからは、様子が変わってきた。

生産者に対する積極的な要望や、飲食店仲間のまとめなど、リーダーシップを発揮され、
江戸東京野菜コンシェルジュの資格もとった。





1-1.PNG

上の画像をタップする

16軒の飲食店が掲載されたが、1軒500字からの江戸東京野菜への思いが掲載されている。

先日、東京ウドのムロを見に、農家訪問に参加された、cafe5884の小林由美さん、自然派ダイニング・ベアグリーンの山中康平さんの店も紹介されている。

くりやぶね」、「揚げ処 まさ竜」、「小金井タウンショップ 黄金や」は、これまで当ブログで紹介している。





0001.jpg

かつて、江戸東京野菜を使っているお店に、タペストリーを掲げていたが

上の画像をタップする
新たに、16軒には、このタペスリーが掲げられる。



posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック