2017年04月17日

小学生が育てた江戸東京野菜の物語、両国・江戸NOREN流表彰が行われた。


-両国- 江戸 NOREN で4月4日から開催されている『粋な江戸東京野菜フェア』は、当ブログでも紹介しているが、おかげさまで好評をいただいている。

フェア事務局では実施に先駆け、都内で江戸東京野菜を育てる小学校の児童から「あなたたちが育てる江戸東京野菜の『粋な』物語を教えてください」をテーマに作品を募集しました。

大人も知らない江戸東京野菜の「粋な」物語を児童たちがたくさん教えてくれています。
-両国- 江戸NORENでは児童から応募のあった全作品を館内に展示し、江戸東京野菜の魅力を今一度みなさんに知ってもらう場をご提供しています。





1-1-5-8.PNG

応募のあった江戸東京野菜の作品すべてに目を通し、厳正なる審査の結果見事受賞作品に選ばれた児童の表彰式が、15日(土)、-両国- 江戸 NOREN のシンボルでもある土俵の前で開催されました。





2-1-2-3.PNG

主催者の株式会社ジェイアール東日本都市開発江戸 NOREN・高橋一利所長の下で、準備をされた(株)ロケーションリサーチの瀬川雄貴社長。

上の画像をタップすると受賞作品







3-1-5.PNG

表彰式の模様は、フードボイスの井上俊ディレクターが取材していたので、後日動画配信される予定だ。

上の画像をタップする。
第1回 粋な江戸東京野菜展 最優秀賞
「内藤かぼちゃを知ろう!!!」新宿区立西新宿小学校
5年 齊藤杏さん。

第1回 粋な江戸東京野菜展 優秀賞
「亀戸大根物語」江東区立水神小学校
3年 望月淑礼君

第1回 粋な江戸東京野菜展 野菜博士賞
「育てた砂村一本ネギ」江東区立第五砂町小学校
6年 志鳥叶和さん

第1回 粋な江戸東京野菜展 あつぱれで賞
「亀戸大根とは」江東区立水神小学校
3年 須田悠介君

第1回 粋な江戸東京野菜展 まちおこしで賞
「亀戸大根のこと教えます」江東区立水神小学校
3年 森田紗礼さん

第1回 粋な江戸東京野菜展 ものしりで賞
「江戸東京野菜にふれて学んだこと」新宿区立西新宿小学校 
5年 戴然さん

第1回 粋な江戸東京野菜展 江戸NOREN賞
「ここがすごい! 砂村一本ネギ」江東区立第五砂町小学校
6年浦谷千花さん

プレゼンターは、江戸 NORENの高橋一利所長、
江戸東京野菜コンシェルジュ協会から大竹と上原恭子理事、
第8回全国学校給食甲子園大会優勝の松丸奨栄養士が行った。

野菜博士賞の志鳥さんは欠席でした。






4-1.PNG

上の画像をタップする
写真上は、新宿区立西新宿小学校の齊藤杏さんと清水仁校長。
内藤カボチャを栽培する同校には、2014年から伺っているが、
清水校長が熱心なことから、
担任の先生や主事さんも江戸東京野菜には理解を示されている。
今回は、齊藤さんと戴然さんが受賞した。

写真左下、江東区立水神小学校では、
後藤先生(写真左)と、眞鍋先生(旗を持っている) が来てくれました。。
毎年3月・亀戸香取神社の福分け祭りに参加している、
今回は望月君、須田君、森田さんが受賞した。

写真右下、右から江東区立第五砂町小学校銭元栄養教諭、
浦谷千花さん、お母さん、妹の千咲さん、担任の中山先生、
双子の妹千咲さんは、
昨年の錦糸町駅テルミナでは最優秀賞を受賞している。

同校は、銭元栄養教諭の指導で砂村一本ネギの栽培を行っていて、
5年生から4年生へのタネの贈呈式を行っていて
江戸東京野菜を栽培する小学校の模範となっている。

受賞した皆さん、おめでとうございました。

posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック