2017年04月24日

羽村の「チューリップまつり」 、今年もいっせいに咲いた花が、「根がらみ前水田」を彩っていた。


東京西多摩の羽村市では、毎年、「はむら花と水のまつり」として、前期を「さくらまつり」、後期を「チューリップまつり」、
そして玉川上水の取水口があることから、桜、チューリップ、玉川上水をまとめた、春の大イベントとして、3月中下旬から開催している。

毎年、終わったころに気が付いていたが、今年は近くを通りかかったので思いついて寄ってみた。





1-1.PNG

羽村市でもこれだけ連担した水田はこの「根がらみ前水田」だけになってしまった。
チューリップの球根36万個が、23千uの水田に植えられている。

この水田、23日(日)に、このお祭りが終了すると、チューリップの花は摘み取られ、しばし球根の育成が行われ5月中旬に掘り取り、6月の田植えの準備が始まる。
田植えは、地元の小学校も田植えの体験学習をさせてもらっているようだ。

8月上旬には、古代のハス「大賀ハス」の観蓮会が、羽村市の農業後継者により行われていることは、当ブログで紹介している。

上の画像をクリックする
この水田、収穫が終わる11月から5月までが休耕田となることから、11月下旬になると球根を植え付ける。

昭和63年に「花いっぱい運動」の配布用球根を増やすために、実施したものだが、毎年、水田として用水から水を張り、稲作が終わると水を抜くため、土壌が再生されて、チューリップに連作障害が出ない。





2-1-8.PNG

黒いチューリップは、ポールシェラー、

上の画像をタップする
写真下左から、ブラウンシュガー、スプリンググリーン、チョイス、
写真上左から、グドシュニックダブル、ガンダースラプソディー、
ニューサンタ、







3-1-1.PNG

水田の北側にチューリップ展望台が建てられていた。

上の画像をタップする。
展望台から見た広々としたチューリップ水田。
水田の南側を羽村市上流の多摩川から取水した用水が流れていて、
小魚やコイが泳いでいた。

チューリップオーナー制度の看板があった。
羽村市観光協会が主催して個人1口500円、団体法人が1口1万円
個人300口、団体法人15口以上で水田1枚のオーナーになれる。
また、掘り取りをされた球根が、1口あたり10個もらえるという。

追録
この水田の西側に鎮座1600年の阿蘇神社があり、
当ブログで紹介している。

posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック