2017年05月25日

「食材の寺子屋」の中村靖彦塾長のお誘いで、赤松の美しいコースで英気を養った。


NPO法人 良い食材を伝える会「食材の寺子屋」の中村靖彦塾長が主宰する第16回「中村靖彦杯」ゴルフコンペの案内をもらっていた。

同コンペ始めの頃は、飯能にある武蔵が丘で行っていたが、その後はしばらく埼玉県越生の日本カントリークラブで開催されていた。

今回のご案内では、コースが埼玉から千葉県野田に変わっていた。
今までのコースだと、車で1時間足らずでいけるので毎回のように参加させてもらっていたが、千葉まで行くのはおっくうだから、失礼しようと思っていたら、同コンペの幹事をされている青木宏高さんから「今回が最後だから・・・」と云う。

同コンペは、シンペリア方式だから、第14回だったか2位になったのが最高だった。
NHKの倉石久寿さんや日経新聞の岩田三代さん、日本農業新聞の築地原優二さん、フーズドリームの伊藤俊一さんなど、皆さんとのご縁もできているので、参加を決めた。






1-1.PNG

上の画像をタップする
今回の案内には、「中高年に優しめのコースに変更しました」とあったが、「柴カントリークラブ あやめWestコース」は赤松でセパレートされた美しい林間コースで広いフェアウエーイで伸々と打てた。

幹事の青木宏高さん、小澤肇さんにはお世話になった。






2-1-1.PNG

中村塾長は私が現役の頃、NHKの論説委員をされていて、農業問題の論説はわかりやすくて参考になった。

食材の寺子屋が始まった2005年に呼んでいただいたが、その後も何度か講師の依頼をいただいたことから、江戸東京野菜を広める良い機会となった。

また、ゴルフ以外でもお招きいただいたことから、ご縁を紡ぐことができたことに感謝している。

上の画像をタップする
今回の優勝は、このコンペでは何度も優勝をされている横川竟氏で間もなく80歳と伺ったが、今回はグロスで80、78歳の時に76のエージシュートをされたとかで別格の実力。
優勝おめでとうございます。

ちなみに横川さんは、かつてすかいらーく代表取締役会長兼最高経営責任者をされた方。
現在は「鰍ォわむ元気塾」を運営している。



posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック