2017年05月31日

今年度 第1回の「はじめての江戸東京野菜講座」が、新宿御苑で開催された。


27年度第1回目の江戸東京野菜入門講座が新宿御苑インフォーメーションセンター2階のレクチャールームにおいて開催された。

新宿御苑は都心に残された貴重な緑として、ミシュラン・グリーンカード・ジャポンの、三つ星に選ばれたことから、外人観光客が多くなっている。




0-1-1-.PNG

入門編は、13時から納所二郎理事長の挨拶で始まったが、今回は江戸東京野菜コンシェルジュ協会顧問の向笠千恵子先生と、資格試験の講師としてフードマイレージの指導などでお世話になっている中田哲也先生が、参観された。

講座は、江戸東京野菜とは!など基本的なことをお話してから、
会場が、新宿御苑と云うこともあり、新宿の伝統野菜として、内藤家の畑で栽培されていた内藤カボチャ、内藤トウガラシから入り、早稲田ミョウガの発見、鳴子ウリの歴史などについてお話した。

内藤家の屋敷にっいては、信州高遠藩藩主内藤家の17代当主内藤頼誼氏に伺った話を紹介したが





1-1.PNG

講座に先立ち、希望者には、新宿御苑の本荘暁子さんの案内で、かつて内藤家の屋敷跡の玉藻池周辺など苑内を散策いただいたが、向笠先生と中田先生も参加されていた。。

上の画像をタップする
写真左下の玉藻池あたりが屋敷跡だったそうだ。
広い芝生のあたりは、小作に出していて、この辺りで内藤トウガラシや内藤カボチャが栽培されていたかもしれない。






2-1-5-6.PNG

15時からは、食材としての江戸東京野菜について上原恭子理事の講座。

上の画像をタップする
今回食べていただくのは、八王子の伝統野菜・川口エンドウと、伊豆七島の伝統野菜・あしたばで、上原理事の料理がパワーポイントで紹介された。





3-1.PNG


協会理事で、多摩・八王子江戸東京野菜研究会代表の福島秀史代表が八王子の取り組み状況や栽培の現状を紹介した。





4-1-1.PNG

会場は、新宿御苑内のレストランゆりのきに席を移し、上原理事の指導で、試食と食べ比べを行った。

向笠顧問と中田講師も、参加いただいたが、今回は、東京シティー青果から、江戸東京野菜担当の佐藤秀樹課長と松尾勇二係長、高橋磨諭さんが受けられた。

上の画像をタップする
【川口エンドウ】

食べ比べ
スジを取らずに茹でたもの

試食

川口エンドウのオカカあえ
鰹節をサラダ油で炒めて塩で調味し、茹でた川口エンドウと和えたもの。

川口エンドウ ポテトサラダ
皮ごと蒸したジャガイモをつぶして、たっぷりの茹でた川口エンドウ・ゆで卵・玉ネギ・グリーントマトピクルス・マヨネーズを混ぜたもの。

【アシタバ】
食べ比べ
ゆでた葉の部分と茎の部分

試食

アシタバとベーコンの炒めもの
葉と茎に分けてさっと茹でたアシタバを島トウガラシ・ベーコンとともにオリーブオイルで炒めたもの。
(八丈島の焼酎蔵元さんに教えてもらった食べ方です。)
アシタバチャーハン
ツナと生のまま刻んたアシタバを使ったチャーハン、味付けは海の精のハーブソルトとシ−ズニングソースで。(大島 季まま亭のアシタバピラフを参考にアレンジしたもの。)

食べ比べと試食のアシタバは八丈島産、復習用のアシタバは八丈島産と大島産のどちらかをお持ち帰りいただきました。

天候の影響で入荷が極端に少なかった中、築地の仲卸・政義青果の近藤義春社長(江戸東京野菜コンシェルジュ)が用意してくださいました。
近藤社長ありがとうございました。





5-1.PNG

先日、〜江戸東京野菜を食べよう〜 を、NHK首都圏放送センター「ひるまえほっと」のリポーター宮澤結花さんが取材してくれたことは、紹介したが、
上の画像をタップする。
番組の質を高めるために、「はじめての江戸東京野菜講座」も取材していただいた。

レストランゆりのきの伊藤秀雄総料理長(写真左上) は、内藤とうがらしクレープを皆さんにサービスしていただいた。

6月6日(火)11:34頃から「アッとほっと」のコーナー
で放送される。楽しみだ。

追伸

当日の模様を中田哲也先生はブログで詳細に紹介していただきました。
中田先生ありがとうございます。
posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック