2017年07月13日

足立区農業委員会では、今年も「命をつなぐ 千住ネギ栽培授業」を地元小学校で始めた。


足立区立小学校では「命をつなぐ 千住ネギ栽培授業」が今年も始まった。
足立区立の、栗原北小、平野小、千寿双葉小の3校で2015年から実施していて、栗原北小学校(三宅文夫校長)から始まった。

この授業、足立区農業委員会の荒堀安行会長が、足立区における農業の歴史や現状、代表的産物だった千住ネギを次世代に伝えようと始めたもの。

江戸東京野菜の千住ネギの種が、農業生物資源研究所に存在していたことから、取り寄せて始まったもので、各学校ともに栽培したネギから種を採り、後輩に、伝えていく。





1-1.JPG

同校では、4年生のクラス代表が2人、3クラスで6人が前に出ると、5年生が6人、千住ネギの種が入った袋を持って4年生が待っている体育館に来て、種袋を手渡した。

袋には、五年生からのメッセージが書かれていた。
「大切に育ててください。最後には千住ねぎを作って食べますよ」
「私たちが育てた千住ネギのたねなので、大事に育ててあげてください。」

「植物の大切さを知りながら千住ネギを心をこめて育ててください。よろしくおねがいします。」
「大切に千住ネギを育ててください。千住ネギ うまい゛す。」

「千住ねぎのおいしさをアピールしてください。」
「すごくおいしいねぎてす。水やりやおせわをしてじょうずに育ててください。」

裏には「四年生へ」として、絵が描かれている。






2-1.JPG

上の画像をタップする
地元の農業委員さんとしては新井啓友さん(写真右)が出席された。
三宅校長は、ミツションという言葉を使って、4年生に、立派なネギを栽培して、後輩に種を伝えていくことがミツション・使命ですと話された。

続いて荒堀会長は、挨拶の中で
この体育館のあるところは、荒堀さんのお宅の田んぼだったと、紹介した。

栗原地区は、つまもの栽培が盛んなところで、宝谷實さんのお宅は同校の隣にある。
江戸東京野菜の説明板「足立のツマモノ」は、栗原2丁目の氷川神社に建立されている。






3-1.JPG

生徒の皆さんには、千住ネギの話をパワーポイントを使って説明をした。

足立区は、周りを中川、綾瀬川、毛長川、墨田川が流れ、その川から取水した用水を使って、稲作が行われる水田地帯だった。

高度経済成長期の40年代後半から50年代にかけて、生活雑排水が用水に流れ込み、ドブ川と化したことから稲作は出来なくなり、水田は大幅に減少していった。

今日の畑作農業についても紹介した後、千住ネギの話。
何故、千住ネギを栽培するのかについても、わかりやすく説明を行った。





4-1.JPG

同校では、グランドにプランターを持ち出して、五年生から栽培を託されたタネを、3クラス全員で蒔いた。

上の画像をタツプする
蒔き方は、荒堀会長と、新井委員さんが各班を回って指導していた。





5-1.JPG

播種作業が終わったところで、荒堀会長からは、夏休み中の水やりなどの栽培管理についてお願いした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック