2017年08月21日

八丈オクラを栽培している清瀬市の並木猛さんにお会いして、滝野川ニンジンの栽培を頼んできた。


この季節に栽培されている、江戸東京野菜でプロモーションビィディオを撮ると、三國清三シェフが云うので、皆さんに、今出荷できるものはないかと聞いていたら、

東京におけるセルリー栽培の第一人者、清瀬市の並木猛さんの畑で八丈オクラを栽培していると云うので、直接送ってもらった。

先日、並木さんのお宅の近くまで行ったので、支払をしたついでに畑を見せてもらったが、JAの直売所に出す野菜をいろいろと作っていた。





1-1.JPG

八丈オクラは、昨年、江戸東京野菜推進委員会で審議し、江戸東京野菜に登録されたもので、高さは2メートルにまでなるが、オクラは長く大きいが柔らかいのが特徴。

上の画像をタップする
八丈島に次いで、北多摩地区での栽培が多い。






2-1.JPG

並木さんはセルリー栽培に人生をかけている節があるが、9月になったら播種をするんだと、採種した種を見せてくれた。

上の画像をタツプする
発芽したら、取材に来るから連絡してくださいとお願いした。





3-1.JPG

清瀬は、ニンジンの産地として有名だが、長人参はしばらく栽培されていない。
滝野川ニンジンの栽培も昔は行っていたが、現在は業務用の7寸ニンジンが主力で、次いで家庭用の5寸となる。

並木さんに、滝野川ニンジンのタネを渡して、ひと畝でもいいからと・・・・・・。
長ニンジンは抜くのが大変だからと、みんなに敬遠されるが、並木さんにはよくお願いして手渡した。


posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック