2020年11月30日

プロフィール 大竹道茂 (江戸東京・伝統野菜研究会代表)


昭和19年1月東京生まれ。昭和41年東京農業大学卒。
JA東京中央会で平成元年より江戸東京野菜の復活に取り組み、平成9年には江戸東京農業の説明板50本を都内に設置企画。

農林水産省選定「地産地消の仕事人」。農林水産大臣任命「ボランタリー・プランナー」。総務省「地域力創造アドバイザー」。

NPO江戸東京野菜 コンシェルジュ協会代表理事・会長
「フードボイス」食品企業サポート連合講師 江戸東京野菜推進委員会(追加登録機関)委員。 JA東京中央会「江戸東京野菜普及推進事業アドバイザー」。「江戸・東京の食文化」推進普及チーム(全日本・食学会会員)。小金井市・江戸東京野菜でまちおこし連絡会会員農政ジャーナリストの会会員。FOOD ACTION NIPPON 推進パートナーNPO良い食材を伝える会会員。日本の種子(たね)を守る会常任幹事。

「農」の機能発揮支援アドバイザー(一財・都市農地活用支援センター)。地産地消コーディネーター(一財・都市農山漁村交流活性化機構)、潟Rープサービス・派遣講師。江戸ソバリエ講師。深大寺そば学院講師。一財・東京都農住都市開発支援センター専門講師。ミクニレッスン(三國清三シェフ食育講座)講師、和食アドバイザー検定協会(運営:日本実務能力教育協会)講師、フード・マイレージ ディレクター。

著書に 「江戸東京野菜の物語」(平凡社新書・2020年3月発売)。
     「江戸東京野菜」(物語篇)農文協、
監修の「江戸東京野菜」(図鑑篇)農文協。
監修の「まるごと! キャベツ」、「まるごと!だいこん」、「まるごと!トマト」、「まるごと!かぼちゃ」、「まるごと!じゃがいも」「まるごと!えだまめ」、「まるごとにんじん」、「まるごとほうれんそう」、「まるごとさつまいも」、「まるごととうもろこし」(絵本塾出版)。
監修の「サツマイモ大図鑑」(あかね書房、2020年12月)

ブログ「江戸東京野菜通信」と、大竹道茂のFaceBookで情報を発信中。

メールアドレス: ohtake@topaz.plala.or.jp



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。
私は、青果卸売会社の総務を担当しております。
弊社は産地直送を基本に、この一年は東京野菜の生産者様とのお取引もお願いしながら、クライアント様に納品をしております。

今回、弊社では、イベントを模索して中でこの記事を拝見し、何か情報をいただければと思いコメントさせて頂きました。

弊社は東京都足立区にある、主婦のパート社員が大半の70名ほどの中小企業です。
クライアント様がスーパー様で、このコロナ渦の中、通常よりも多い作業量をこなして頂きました。
例えば、近隣で野菜関係の講演会、試食会等、何か有意義なイベントを開催して、モチベーションをあげてもらいたいと思っています。
唐突なコメントで申し訳ございませんが、情報が頂ければ幸いです。






Posted by 福田  at 2021年02月21日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック