2017年08月25日

檜原村数馬から戻って、鈴木さんの案内で藤倉集落倉掛の白岩ウリの栽培地に伺った。


檜原村の農業を見てもらおうと、農業共済新聞の高橋英樹記者を午前中は数馬方面を案内したが、

午後からは藤倉方面で、案内してくれる鈴木留次郎さんとは檜原村役場で待ち合わせた。

檜原村に江戸東京野菜の「おいねのつる芋」に次ぐ、固定種の「白岩(しらや)ウリ」があると云うので、栽培している鈴木さんの畑を、今月初めに見せてもらったのは、当ブログで紹介している。

何でも、2週間先の19日、20日に開催する檜原村最大のイベント「払沢の滝ふるさと夏まつり」で、その白岩ウリを、檜原を訪れる人たちに宣伝・販売し、檜原で栽培農家を増やしたいと話しておられた。





1-1-5.JPG

鈴木さんが、白岩ウリが一番美味しいと云う大きさになっていた。

上の画像をタップする
高橋記者も初めて見るウリのようだった。
鈴木さんは、白岩うりの栽培を始めて2年目だが、白くなった太いウリの味にひかれて、生産者を増やして、檜原村の特産物にしたいと語っている。





2-1.JPG

この白岩ウリをいただいた方が、藤倉集落にいると云うので、案内してもらった。

田倉信子さんには2011年、この地・倉掛を訪ねた時にお会いして、お世話になっている。
おいねのつる芋は、この地では「数馬芋」と呼んでいると教えてくれたのも田倉さんだ。

白岩ウリは、自分で食べるだけだと近くの畑で栽培していた。

上の画像をタツプする
キュウリとしては、半白だが、雌花のほか食べごろが成っていた。





3-1-1.JPG

15センチほどの白岩ウリ(半白キュウリ)が収穫された。

上の画像をタツプする
みょうがと一緒に一夜漬けしたものと、
キュウリを削ったものに鰹節をかけて、味噌で食べると云うものを出してくれた。

何でも、ご主人が健康のために必ずこの時期、毎日食べるのだと云う。

味は、キュウリだが香りがいい。この時期では種も柔らかい。





4-1-2.JPG

採種用に取ってあったものを見せてもらった。

上の画像をタツプする
ここまで黄色くなると、種も固まってきている。

都立瑞穂農芸高校の横山修一先生が、鈴木さんが栽培した白岩ウリの当ブログを読んでいたようで、檜原村に取材に行くと話したら、是非種を分けてもらってきてくれと頼まれていたので、お願いすると、快く一本いただけた。






5-1.JPG

この白岩ウリ、そもそもは、湯久保在住の峰岸奈津子さん(86歳)から15年前に田倉さんが、頂いたものと云うので、湯久保の地へ、車で行けるところまで案内してもらった。

鈴木さんの話では、ここから先は4輪駆動でないと無理だと云う。

上の画像をタツプする
徒歩だと1時間と云うところに、峰岸さんが住んでいるという。

鈴木さんが、峰岸さんの息子さんに電話をして、聞いた話では、峰岸さんは子供の頃から食べていたと云う。
代々受け継ぎ、峰岸さんは明治生まれの先代から受け継いだもので、明治以前から栽培されていたようだ。






5-3.JPG

湯久保沢を挟んで、遠く対岸の小岩自治会の集落が木々の合間から望めた。

追録

6-1.JPG

田倉さんのお宅の近く、檜原村倉掛に「檜原きのこセンター」がある。

上の画像をタツプする
中村力社長にお会いした。
センターの脇で、鈴木さんがタケノコを収穫するために、淡竹(ハチク)の栽培を始めていた。



posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック