2017年09月01日

9月1日(金)11時5分からのNHKひるまえほっとで「歴史つなぐ、江戸東京野菜」が放送された。


9月1日の首都圏の「ひるまえホット」11時5分〜では、これまで放送してくれた江戸東京野菜のアンコール放送をすると、リポーターの島紗理さんから電話をもらった。

電話をくれた島リポーターは、昨年新宿区立柏木小学校で、鳴子ウリの復活授業を紹介してもらっていて、江戸東京野菜については理解をされている。

その柏木小学校では9月5日に、鳴子ウリを食べる授業を行う予定で準備は進んでいる。



1-1.JPG

上の画像をタップする。
メインキャスターの武内陶子さんが、これまで反響の大きかった「ホット」として、江戸東京野菜をアンコール放送します。と・・・

リポーターの島紗理さんがまとめてくれたようだが、
6月6日に放送された、寺島ナスは、星野直治さんの畑からは
宮澤結花リポーター。


川口エンドウは、八王子市川口で栽培されている伝統野菜。

都庁32階の食堂で行われた川口エンドウを食べる会も取材された。

3月末には、竹澤知伝子リポーターが、「のらぼうまつり」に・・・

島さんは、内藤トウガラシフェアの、成田重行先生を取材している。

今回は、放送された番組を再編集したものだが、
生産者の思いは十分に伝わってきた。

島さんは最後に、今年度の江戸東京野菜への登録に向けて
檜原村の白岩ウリを調べていることを紹介してくれた。


posted by 大竹道茂 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック