2017年10月09日

拝島第二小学校3年生の農家見学が、美堀町の岩田英雄さんの圃場で行われた。


昭島市立拝島第二小学校3年生の農家見学会は、当初9月28日だったが天気予報で雨だから、1週間遅らせ5日に実施してはと、受け入れ農家の岩田英雄さんのアドバイスかあったようで、当日は好天に恵まれ正解だった。

13時40分頃、生徒110名が、学年主任の杉本幸司先生の先導で、岩田さんのお宅に歩いてやってきた。
生徒たちは、学校からすぐの玉川上水沿いの遊歩道を歩いて来たようだが、途中にも畑があったりで楽しい遠足気分だったようだ。、





1-1.JPG

座学は、9月12日に実施していて、昭島市の農業と農家の仕事について行っていて、当ブログで紹介している。

上の画像をタツプする
昭島の農家については、岩田さんの畑の様子を写真に撮り、パワーポイントで生徒たちに紹介している。

生徒たちが岩田さんの庭に集まり、挨拶をしたところで、座学の授業を引きついだ形ではじめた。
昭島市の中で北のしかも東に位置する岩田さんのお宅、初めに私からいくつか質問をしてみた。




2-1.JPG

今回、岩田さんはこの授業がスムーズに行えるようにいろいろと考えてくれていた。

上の画像をタップする。
説明のコースは、玉ねぎのトンネル、ビニールハウス、定植したネギ畑、ナス畑、サトイモ畑、土寄せが終わったネギ畑、ニンジン畑、最後は拝島ネギの畑の順。

3クラスあることから、岩田さんが1組、奥様の芳子さんが2組、3組が後継者の理史さん受け持ち、

岩田さんはサトイモ畑から、奥さんは定植したネギ畑から、理史さんは玉ねぎのトンネルからスタートした。
これによって3組が同時に、畑の見学が終わることができた。

また、これまで農具やトラクターなどは、まとめて置いてあったが、今回は作業をする畑に置いてあったから
作物と機会について説明ができ理解しやすかった。




3-1-5.JPG

上の画像をタップする
サトイモ畑では、事前に抜いたものを手にして、子芋、孫芋を見せながら、孫芋が美味しいと伝えていた。

トラクターの説明も耕したところで説明。





4-1.JPG

奥様の芳子さんは、ハウスから説明が始まったが、ネギの定植が終わったところで、定植の位置を決める道具を説明している。

上の画像をタップする
ナス畑、サトイモ畑、ニンジン畑と説明されていたが、
ニンジン畑では1本抜いて見せていたが、生徒たちは一生懸命メモしていた。、





5-1-1-.JPG

拝島ネギについて、座学で説明していたことを生徒たちは忘れず、拝島ネギはどこにあるかと、生徒たちは興味を持っていた。

上の画像をタップする
理史さんは玉ねぎのトンネルからスタートした。
千住ネギの土寄せは、耕運機のアタッチメントを取り付けることでスムーズに行われることを説明していた。


今回は、昨年までと異なり、各クラスの生徒たちに、農家の情報が濃密に伝わったのではと思っている。


この度は、都市農地活用支援センターが実施している
"「農」の機能発揮支援アドバイザー" として派遣されました、
ご活用ください。

追録
杉本先生から、9月12日に実施した座学で、生徒たち全員からの
感謝の手紙をいただいたので、代表的な手紙を紹介する。

江戸東京野菜の「拝島ネギ」について興味を持ってくれたようだ。


posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック