2017年10月22日

エンドウ豆3兄弟が行く!、こだわりの農業 勝手に応援し隊! が江戸東京野菜に注目!!


「農業生産者を応援し、食に関するさまざまな話題を提供します
生産者と流通業界、消費者を結び、
新しい農業ビシネスのあり方を模索・提案するサイトです。」


今年の4月、ニッセイエブロ鰍フ石川茂樹顧問から、江戸東京野菜の話を聞かせてほしいと云うので伺い、
色々とお話をさせていただいたが、そのことは、「エンドウ豆3兄弟が行く!」のトピックスで「伝統野菜の復活は地方創生の種」を掲載していただいた。




1-1.PNG

その後、石川顧問は江戸東京野菜について情報収集をしていただいたようで、江戸東京野菜を連載したいとのお話をいただき、応援の仕方や、江戸東京野菜のマルシェができないかとのご相談を受けた。

上の画像をタップする
掲載当時はトピックスの扱いだったが、今回連載の計画があるようで、トップページのカテゴリに加えていただいた。

今後取材については、江戸東京野菜を生産する農家や、作物などについてご紹介していくことをお伝えしたので、そのうち実現するだろう。

追録

江戸の名残を見つけた。


a-1.JPG

同社を出て新橋駅に向かう途中、ビルの谷間を横道に入ったところに空き地のようなスペースが見えた。
何か気になって入っていくと、こんなところに生えていたのが不思議なくらいの大木の切り株があった。

上の画像をタップする
そこには稲荷の額が、神社だったのが分かった。その壊れた石の二の鳥居の先にはご社殿があった。

参拝に来る人もいるようだった。




b-1.JPG

裏から境内に入ったことで、なんだかわからなかったが、一の鳥居の前に鹽鼉神社の旧字体

上の画像をタップする。
元禄八年から東新宿に伊達家上屋敷があったが、大政奉還で屋敷は国に返したが、
安政三年に伊達藩の私邸内に祀った塩釜神社本社の分霊を迎えて祀ったものだが、この地は昭和5年までは仙台藩伊達家の所有だった。

関東大震災復興後、町民が憩える公園をつくろうという計画を伊達興宗伯が聞き約400坪の敷地を愛宕下町会に寄付したことから、東京で唯一の町立公園として開園したという。
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック