2017年12月25日

地産地消にこだわる小金井の「自然派ダイニング Bare GREEN」で遅い夕食を楽しむ、


コンシェルジュ協会の理事会終了後、都合のついた者で、小金井で江戸東京野菜を扱っている店で夕食を取った。

理事会は6時半から開催され「江戸東京野菜をまるごと体験しょう」が主催するJA東京中央会の江戸東京野菜担当の水口均さんから説明を受けて、役割分担が決定された。

その後、小腹が空いたこともあり、都合のついた、納所二郎理事長、佐々木昭理事、福島秀史理事で小金井駅近くの「自然派ダイニング Bare GREEN」に、松嶋あおい理事に案内してもらった。

松嶋理事は帰られたが、山中浩平店長を紹介された。
山中店長は今年3月須崎雅義さんのウド室を見学に来ていて、小金井市では江戸東京野菜を積極的に使っている。




2-1.JPG

上の画像をタップする

同店は2階で、階段に地産地消を店であることをアピールするポスターが張られていた。

松嶋さんが推進している「小金井江戸の農家みちの会」が、【農家みち野菜取扱店】がかかっていた。




3-1.JPG

生ビールを飲みながら、しばし江戸東京野菜の話で盛り上がった。

「日替わりのおかず」でウドのきんぴら、赤かぶのカルパッチョ仕立て
ハム

山中店長、ごちそうさまでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック