2018年01月29日

JA東京中央会が "とうきょう農紀行”「冬」の48号を発行した。


JA東京中央会が発行するフリーペーパー "とうきょう農紀行”「冬」の48号の表紙から3ページを「JA東京アグリパーク」を紹介している。

新宿駅前で、農の情報を発信する “JA東京アグリパーク” は、昨年4月にオープンして、週単位(月曜休)でイベントを開催している。

東京産の農産物はもとより、全国各地のJAや食品関連団体などが販売を通してPRを行ってきた。
江戸東京野菜コンシェルジュ協会もJA東京中央会と一体の中で、活用してきた。



1-1.JPG

上の画像をタップする
とうきょう農紀行は、タブロイド版(新聞)で、
11年間発行されてきて、45号から冊子になった。

この間、江戸東京野菜の紹介は、2013年の29号から、
21品目が連載された。

冊子になった45号「雑司ヶ谷ナス

46号「高井戸半白キュウリ

47号「高倉ダイコン

今回は、「内藤カボチャ」です。
江戸東京野菜は48品目、同誌での紹介25番目として選んだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック