2018年01月31日

千代田区平河町のJA共済連ビルで、「農の生け花」を出張創作した愛好会東京グループの皆さん。


八王子市川口の濱中洋子さんから電話をもらった。
濱中さんは、東京の農家女性グルーフ「ぎんなんネット」や、「農の生け花愛好会東京グループ(前回)」などで活躍している。

因みに、濱中さんのご長男俊夫さんは、八王子市の伝統野菜「川口エンドウ」を栽培する生産者のひとり。

電話の内容は、濱中さんが取り組んでいる、「農の生け花」の展示依頼があり、29日に創作展示作業をすると云う話。

よく聞くと、昨年フランス大使館の依頼で、農の生け花を展示したのが新聞に掲載された。
それを見たJA共済連全国本部の目に止まり、平成29年度JA共済 全国小・中学生書道コンクールと、第46回交通安全ポスターコンクール優秀作品を展示する1階カンファレンスホールに展示してもらいたいと云う依頼。






1-1.JPG

2月2日のコンクール表彰式当日まで展示される。

上の画像をタップする
10時から14時までの予定で作品の創作活動に入ったが、12時には完成した。

テーマは2つで、右側が「節分の豆まき」と、左が「小正月の繭玉」と云うもの。





a-1.JPG

JA共済連調査広報部事業広報グループの山口礼子さんと濱中さん。、

上の画像をタップする
農の生け花愛好会東京グループの皆さん、
立川で江戸東京野菜を栽培している清水理作さんの奥さん美都江さんや、足立区舎人で水耕栽培をされている新井宏治さんの奥さん和子さんもメンバーの1人。

農の生け花愛好会を支援しているのが、日本農業新聞で広報局事業開発部の佐々木俊次長(左端)と板倉直樹さん(右端)が対応していた。
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック