2018年03月11日

2分の1成人式に、生徒たちが栽培した伝統小松菜で作ったクッキーを、感謝を込めておうちの人にプレゼント。


新宿区立東戸山小学校では、2学期から江戸東京コンシェルジュ協会講師の梶谷正義先生に栽培指導をお願いして伝統小松菜のごせき晩生種の試作を始めたことは、当ブログで紹介している。

試作した伝統小松菜は、羽田野有紀栄養教諭が給食に使った。

伝統小松菜は、江戸川を中心とする地方野菜で、冬の野菜と云うことで10月にタネが蒔かれ、2分の1成人式に向けて、栽培が始まっていた。





1-1.JPG

伝統小松菜のごせき晩生は、梶谷先生の指導で、トンネルが作られていたことから、豪雪にも耐え、成長し収穫できたと云う。

上の画像をクリックする

3月5日、2分の1成人式が行われ、壁に生徒たちが作った次第が貼られていた。

4年生は10歳だから、2分の1成人式を行うと聞いた時に、いい企画だと感心したが、練馬区でもやっていると云う。
内容は色々だがどこでもやっているようた。





2-1.JPG

オープニングセレモニーは全員で「星の大地に」の合唱。

君は生まれてきた この地球と云う 星の大地に
誰でもみんな同じように 一つだけの命をもらって
夢を見ることができるように 希望に向かって 行けるように
いつか幸せになれるように・・・・・・・

代表が出て来て、初めの言葉を述べ






3-1.JPG

10歳を振り返って
1人ずつ前に出て、4年生を振り返り、5年生への期待を述べた。
同校は、外国籍の生徒も多く、
1年で、日本語も上手になって、お友達も増えました・・・・

また、「お家の人に言われれて嬉しかった言葉」という項目もある。

頑張ったね!、と云われて勉強が好きになった。
あなたならできる。と云われて自信が付いた。等






4-1.JPG

感謝の言葉と 歌
縦笛で「Love me tender」

全員での合唱は「Believe
たとえば君が 傷ついて くじけそうに なった時は
かならずぼくが そばにいて ささえてあげるよ
その肩を・・・・・・ ..

お母さん方も、盛んにスマホで写真を撮っていた。







5-1-1-1.JPG

上の画像をタップする

お家の人へプレゼント

生徒たちは、保護者の席に行ってプレゼントを手渡した。

プレゼントには、4年生の思い出の写真と、紙袋に入った伝統小松菜のクッキーが手渡された。

江戸東京野菜が、2分の1成人式に使われたのは初めてのケースだか、保護者の皆さんは喜んでおられたから食べながら、話題が江戸東京野菜に広がってくれればありがたいが・・・・
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック