2018年04月04日

足立区の内田さんの畑で見つけた伝統的な青菜が満開になった。


足立区興野の内田宏之さんのお宅で食べられている小松菜と云われる青菜が珍しいことから、内田さんにお願して写真をいただいていて、3月19日に送ってもらった写真では抽苔が始まったところだった。




1-1.JPG


上の画像をタップする

25日と云うと、
今までの寒さが嘘のようで、開花が始まった。





2-1-3-1.JPG

28日では、一気に伸びてしまった。

上の画像をタップする

東京都農林総合研究センターの野口貴先生にお話しを聞いているが、非常にカブに似ているが、カブと伝統の小松菜は、非常に近い種類であることから、カブ菜の一つとの結論を得た。

このカブ菜をお料理としてお店で出している押上「よしかつ」のオーナー佐藤勝彦さんは、市販の小松菜(交配種)と比べると、葉の厚みが薄いことから、食感としては柔らかいが、早く萎びる傾向があるようだ。

昔から栽培し食べていた、足立区扇町の榎本晴夫さんにもお聞きしながら、今年度の江戸東京野菜に加えていくことを検討することになるようだ。

追録

3-1-1.JPG

上の画像をタップする

因みに、足立区のつまもの生産農家・横山修平さんの芽カブを紹介するが、葉の形がよく似ている。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック