2018年05月01日

寺島ナスの星野農園に星野直治さんを訪ね、イベント等への出荷要請を行ってきた。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会役員の役割が変わったことで、松嶋あおい理事がまだ伺ったことのない、江戸東京野菜栽培農家に挨拶に伺ったことは、当ブログで紹介した。

ナス苗の定植が始まったと云うので、ナス農家の星野直治さんの畑に伺った。
流通を担う、江戸東京野菜コンシェルジュの高橋芳江さんと高橋廣道さん(果菜里屋)とは、武蔵村山の竹林にも案内したが、今回も同行された。

星野さんは、2009年に第一寺島小学校が寺島ナスの復活授業を行ったときに、栽培指導を行って以来今日まで毎年指導をされていて、今年も連休明けに栽培授業を行うと聞いている。





1-1.JPG

上の画像をタップする

21日に、星野農園の主力「千両2号」をボランティヤの皆さんと一緒に定植し、29日には寺島ナスを写真下の空いたスペースに定植すると話されていた。



2-1.JPG

寺島ナスの種採りは、2009年以来、星野さんが毎年行っていて2月に苗を作っている。

上の画像をタツプする

今年は、注文していた台木の届くのが遅れたことなどで、3月に伺ったときに接ぎ木作業をやっていた。

接ぎ木をした苗は、ハウス内で養生していたが、連休初めに、第一寺島小学校、東向島商店街の皆さん、そして、立川の清水丈雄さんが取りに来るという。





3-1.JPG

上の画像をタップする

寺島ナスのイベントへの出荷要請をじっくり座って頼んだ。
すでに決まっている大きなイベントの、駅ビルなどでの江戸東京野菜フェア―と、東京都が毎年実施している「東京味わいフェスタ」などだが、

星野さんからは、協力はするが、ナスは6月から10月までなり続けるわけだから、イベント以外の時も定期的に使ってもらいたいとの話があった。

追録

4-1.JPG

星野さんに頂いた寺島ナスの苗は、花が咲いていた。
4月28日に植木鉢に植えたが遅霜を警戒して軒下に置いた。

上の画像をタツプする


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック