2018年06月19日

農業・農村ギャラリーの ”ミノーレ” で、日本橋「ゆかり」三代目が “こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー“ で指導。


農業・農村ギャラリーの ”ミノーレ” で行われている料理セミナーは、2008年から開催されていて、今回で10周年を迎えた。

同セミナーの講師として、2014年からお願いしている日本橋「ゆかり」の、三代目・野永喜三夫さんが、今年から “こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー“ として実施している。

野永さんは江戸東京野菜をはじめとする、東京の食材を積極的に活用していただいていることから、江戸東京野菜への思いを伺いたいと、取材を申し込んだうえで、同ギャラリーの福羅美貴さんにお願して、講座の取材もお願いした。





1-1.JPG

セミナーは、丸の内のJAビル4階にある農業・農村ギャラリーで、12時5分から12時50分と、近くのビルにお勤めの方も参加しやすいような時間帯になっていて、参加費は1000円。

上の画像をタップする

今回は ”ミノーレ”での゛セミナー10周年を記念して、にんべんの商品と湘南レッド(タマネギ)と、キュウリにトマト、の入ったプレゼントが用意されていた。

今回は、にんべんの広報宣伝グループの木村絵里子係長が見えていて、商品紹介が行われていた。

野永さんの手元は、部屋に2台あるモニターから、野永さんの手元を見つめる参加者。

上の画像をタップする

お料理は、
「キュウリとナスのお出汁を楽しむ揚げびたし」
「やまゆりポークとナスの炒め物」
「やまゆりポークと湘南レッドとキュウリの初夏スープ」
「やまゆりポーク、湘南レッド。キュウリのさっぱり梅マヨ合え」





3-1.JPG

江戸東京野菜コンシェルジュの松嶋あおいさんと、木村えり子さんは、同セミナーの会員で出席されていたので、
野永さんは、今回のお土産、にんべんの焼あご入りのだしパックを紹介。

上の画像をタップする
セミナーの開催後、八田尚子先生のインタビューが行われた。

これまで、江戸東京野菜を始め、東京の食材を使ってきた三代目野永喜三夫さんは、日本橋から江戸東京野菜をブランド化していこうという二代目野永喜一郎さんの思いを率直に受け入れて、東京の生産者との交流を通して、江戸っ子プリンなどの商品開発も行っているだけに、行動力のある話は興味深かった。。



4-0.jpg

無料ダウンロード
JAグループのスマホ専用アプリ“JA旬みっけ!”が新登場!
 ミノーレで開催する最新情報を紹介する。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック