2018年06月24日

立川で寺島ナスを生産する清水丈雄さんの玉川上水沿いのナス畑に伺った。


梅雨の合間、立川で各種ナスを栽培する清水丈雄さんに電話をすめと、畑で忙しくしていると云うので、ご迷惑だったかもしれないが畑に寄せていただいた。

畑には、ナス、サラダナス、ナス、ナス、庄屋大長ナス、千両二号ナス、そして寺島ナスを栽培している。




1-1.JPG

上の画像をタップする

江戸東京野菜の寺島ナスの定植が遅れていたので気になっていたが、すべてのナスが定植を終えていて、寺島ナスも、枝を伸ばしていた。





2-1.JPG

上の画像をタップする

玉川上水の遊歩道を北に、南に広がった農地には各種ナスが植わっているが、昨年栽培されていたところには、キュウリや唐辛子も植わっていた。
キュウリはこれから支柱を立てるとか。

今後、馬込三寸ニンジンや、滝野川大長ニンジン等、江戸東京野菜を植えてくれると云う。





3-1.JPG

米糠の他、堆肥も施肥すると云う。

上の画像タップする

梅雨の合間、家族全員で、堆肥や、米糠が撒いているところだった。
堆肥は、西砂で酪農をしている中里さんのものだとか

追録
4-1.jpg

上の画像をタップする

毎年、JAグループが実施している「第21回東京「農」の景観コンテストで、清水さんのナス畑は、「東京「農」の景観コンテスト実行委員会会長賞」を受賞していた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック