2018年06月28日

江戸東京野菜コンシェルジュの島田さんに『Ome Farm』を案内してもらった。

「落語と日本酒と江戸野菜を楽しむ会」を開催したりしていたTYファームの太田太社長から昨年暮れの21日に、メールをいただいた。

何でも、親会社から独立したそうで、農地を借りていることもあり、青梅市や東京都農業会議などにも相談し『Ome Farm』として12月T日より継続していると云う。

体制も変わったようで、太田社長に、池浦秀行ゼネラルマネージャー、松尾思樹農場長、江戸東京野菜コンシェルジュ1期の島田雅也さんご夫妻、そして、岩手の養蜂家出身の藤原誠一郎さんの6人だと云う。
少数精鋭だ!

その内、様子を見に行こうと思っていたが、丁度梅雨の合間に、島田さんに電話をして、時間をとってもらった。




1-1.JPG

青梅市岩倉温泉の辺りで、島田さんと待ち合わせをして、4か所の農場を案内してもらった。
青梅市今井にある農場は今井馬場崎の信号から入った先にある。
今井の第2農場

上の画像をタップする。

ルツコラ、伝統小松菜、シントリ菜、レツドマスタードがトンネルの中で育っていた。
ケールは他の農場も含めると4種類あるとかで、葉の単位で販売しているとかで、これらはサラダ用にセットで販売をしているとか




2-1.JPG

今井の第1農場には、前回来ている。
わさび菜があった。

上の画像をタツプする
伝統小松菜に、イタリアンパセリ、ビーツ

2週間おきに、隣にタネを蒔いていくと云う。

9月になると、伝統大蔵大根のタネを蒔くとか。





3-1.JPG

小曾木の第2農場では、ケールを作っていた。
「Ome Farm」は、無農薬、無化学肥料で、有機農業が売りだ。
タネは自家採種、
青山のファーマーズマーケットには毎週土曜日に出店しているから、
固定客がついていると云う。


上の画像をタップする
ここでもケールを作っていて、美味しそうなので食べさせてもらった。






4-1.JPG

小曾木の第1農場は、前に来ている
寺島ナスが実っていたが、
「このナス、評判がいいんですヨ!」とは島田さん。
固定客が付いているとか。現在ナスは寺島ナスと真黒ナス。

上の画像をタップする
トマトは、路地でミニトマト。
ハーブディル、くうしんさい、ズキーニ等、

八丈オクラを蒔いたら、苗を鹿に食べられたとか、
欠損箇所がいくつもあり、鹿の足跡も。

「Ome Farm」では、江戸東京野菜としては、寺島ナス、
伝統小松菜、シントリ菜、八丈オクラ、冬には亀戸大根と
伝統大蔵大根の6種類を作っていると云う。

島田さん、ご案内ありがとうございます。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック