2018年07月09日

千住ネギの命をつなぐ授業が栗原北小学校で始まった。


足立区農業委員会の荒堀安行会長の発案で、足立区の伝統野菜「千住ネギ」を区立小学校で栽培が始まったのが、2015年からで、今年で4年目を迎える。

先日、栗原北小学校4年生の授業が、体育館で開催されたのでの、江戸東京野菜の「千住ネギ」についてお話をさせてもらった。




1-1.JPG

開会に当たって、同校の三宅文夫校長から、先輩たちが命をつないできた千住ネギのタネを蒔いて、立派なネギを栽培し、来年は4年生の後輩たちに引き継ぐようにと・・・・・・

上の画像をタップする

荒堀会長からも、命をつなぐ意味を紹介され、地元の農業委員さんの指導で種蒔きを行うことから、農業委員さん方を紹介された。

農業委員さんは、鹿濱コ雄さん、田中太郎吉さん、寳谷実さん
事務局は農業振興係主事の、江橋享佑さんと築出大典さん。




2-1.jpg

4年生(写真左)に手渡された種袋
5年生(写真右)にお礼と決意を述べる4年生の代表

上の画像をタツプする
5年生の代表が来て、
自分たちが採種した袋に入ったタネ年生の代表に手渡された。

同校では5年生がその年の1月(4年生の時)に、自分たちが栽培した
千住ネギを食べていて、
食べることが食育として大切なのだ。






3-1.JPG

「砂村ネギの話」 のパワーポイントは、足立区の昔の農業につて、
稲作農業が中心で、レンコン、セリ、クワイなども生産されていた。

上の画像をタップする
千住大橋から奥野細道が始まる。
千住大橋の近くに、江戸初期に開設された千住市場跡の碑がある。

そして、現在の足立の農業では、荒堀会長のムラメ栽培。
農業委員になられた、寳谷実さんの、伝統小松菜による菜花栽培。
新井宏治さんの、水耕栽培による小松菜栽培などを紹介

千住ネギの技術、根深ネギについても紹介した。






4-1.JPG

体育館から外へ出て、ポットにタネを蒔いた。

上の画像をタップする
風の強い日で、校庭の砂が待っていたが、
荒堀会長を始め、農業委員さんの指導を聞いて



追録

5-2.jpg

上の画面をタップすると拡大
三宅校長が、青少年対策伊興地区委員会が発行する
「伊興地区だより」に千住ネギを書いてくれている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック