2018年10月01日

学校給食用「東光寺ダイコン」の生産拡大に向けて、関係者の協力を要請


東光寺ダイコンの第1回間引きが、先日奥住善則さんの畑で行われた。
今年7月に、日野市の栄養士さん方に招かれて、江戸東京野菜のお話しをさせていただいたが、

その中で日野市の伝統野菜「東光寺ダイコン」の生産者が減少の一途をたどり、30年前には20人もいた生産者は現在3人になっていることなどを伝え、生徒たちに食べる機会を作ってほしいとお願いした。

10数年前、練馬大根が同じような現状だったが、練馬大根引っこ抜き競技会によって収穫したものを、学校給食に提供することで、安定的生産に繋がっている。




1-1.JPG

先日、奥住さんの畑で行われた第1回の間引きには、平日であったこともあり、参加するものはいなかったが、

上の画像をタツプする

多摩八王子・江戸東京野菜研究会の福島秀史代表と、ボランティアの方が間引きを行った。





2-1.JPG

東光寺ダイコンは、現在、奥住さんと、福島幹雄さん、和田菊代さんが栽培をされているが、

練馬の小・中学校では「練馬大根スパゲティ」が人気の料理で、日野市の栄養士さんたちにレシピをお渡ししたことから、東光寺ダイコンの生を料理したいと連絡が、栄養士さんから同企業公社に入っていると云う。

これまで、学校給食に東光寺ダイコンを納品しているのは福島さん1人なので、ご自宅に訪ねた。

江戸東京野菜としての東光寺ダイコンの栽培と消費の拡大をはかりたいと云う思いをお伝えしたところ、今年は昨年より播種が少ないが、栄養士さんの要望に極力応えていきたいとの、ご理解をいただけた。



posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック