2018年10月21日

朝日新聞21日(日)朝刊に、「東京150年/多様で多角的 特産の宝庫 農業編」で、江戸東京野菜が紹介された。


朝日新聞東京本社報道局社会部の山田知英記者が8月中旬に昭島まで訪ねてこられた。
東京の農業について記事にしたいと云うので、色々とお話をした。

同紙では、東京150年の節目に、時代の流れに合わせて都市やその周辺で営まれてきた農業の姿を描くと聞いていたが、その第1回が14日に掲載され、

第2回が、21日(日)朝刊に、江戸東京野菜と生産者が紹介された。





1-1-9.4.JPG

上の画像をタツプすると記事
早稲田ミョウガを収穫する井之口喜實夫さん

代表的な江戸東京野菜の収穫時期の図表。


ミョウガは種で増えるのではなく、地下茎で増えていくものなので早稲田の旧家の庭などに生えているのではないかと、早稲田大学の学生たちの協力のもと、早稲田ミョウガ捜索隊を結成して探し出したことも紹介してくれた。

又、早春にはミョウガタケを作って、秋のミョウガの子と、新宿区内の小学校の学校給食に出されていることも紹介された。




0003.jpg

山田記者は、北品川商店街の町興しに品川カブを使っている
青果商の大塚好雄さんも取材している。

上の画像をタップする

東久留米市の生産者横山治子さん和子さん姉妹と村野喜安さんを訪ね
品川カブが順調に生育している収穫風景を取材している。

尚、第1回農業編は、東京だけの「幻の梨」が掲載され、

次回は11月4日に、第3回、東京の農業後継者の問題が、
最終回は、新しい農業についても紹介すると云う。

楽しみにしてください。

最近の早稲田ミョウガの記事はここから

posted by 大竹道茂 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック