2018年11月15日

檜原村人里の南斜面で栽培しているナツハゼの実が地域特産物のジャムとして人気に


東京都西多摩郡檜原村の歴史文化に詳しい鈴木留次郎さんには、昨年、江戸東京野菜に認証された白岩ウリについても、歴史や栽培の現状などについて、調べていただいたが、今度は6次産業化の話し。

檜原村は、あきる野市から檜原村役場の先で左右に分かれ、右に都道205号線を行くと白岩ウリが栽培されている、藤沢方面から白岩沢へ、
左へは檜原街道(都道33号線)で数馬の湯から都民の森へと向かうが、その途中、人里と書いて「へんぼり」と読むが、ここで、ナツハゼ(ツツジ科)の栽培がされている。




1-1.JPG

ナツハゼは、日本原産で、ツツジ科だから、ブルーベリーと同じ落葉低木。
ブルーベリーよりも黒く濃い色をしていて、アントシアニンは3倍だとか。

上の画像をタップする

ナツハゼがこのようにたわわに実るには、種々条件があって、標高500m前後で、日照時間も関係していて、檜原村の中でも人里以外では、実を付けないと云う。





2-1.JPG

このナツハゼ、35年前に軽井沢から導入したもので、神田須田町の名店「万惣フルーツパーラー本店」がジャムにして販売していたが、2012年3月、建物の耐震性の問題から閉店を余儀なくされたことで、ナツハゼ栽培からも撤退し、樹木は地主の物となっていた。

上の画像をタップする

人里地区から浅間嶺へと続く尾根の南斜面に70本ほどが栽培されていて、70〜80キロは穫れるが今年は半分の35キロだったとか。

今年の春、地域の人たちから、地域特産として、ジャムにして販売してはとの話から、鈴木さんがジャムにして、役場内の「カフェせせらぎ」はじめ、観光協会の「やまぶき屋」、 檜原温泉センター「数馬の湯」、そして民宿などで販売したところ、民宿では人気商品になっていると云う。




1-1.JPG

上の画像をタツプする
販売は「ひなたぼっこ(鈴木留次郎)」とある。住所が日向(ひなた)で
畑と物置の所が陽が当たることから、地域の方々が、そこに来て
ひなたぼっこをしていたことから、「ひなたぼっこ」としたと・・・。
実家の住所は日陰にあるので屋号は「ひかけ」というそうだ。

このジャムは日本農業新聞でも紹介された。

追録
初めてブルーベリーを民間で栽培した農園は小平市の
島村ブルーベリー園」で、
1968(昭和43)年に130本を植えている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック