2018年12月04日

第12回 練馬大根引っこ抜き競技大会が、今年も盛大に開催された。


練馬大根引っこ抜き競技大会の、募集が始まったと、当ブログで案内したが、今年の会場は立野町の畑。

大会会場は練馬区内を、3地区に分けて、大泉地区、石神井地区、練馬地区を回って開催しているが、今年は石神井地区で、立野町の井口良男さんの畑に決まっていて、第3回大会に続いで2度目の開催となった。

例年選手権の部は、リベンジを果たそうと、募集が始まるとすぐに一杯になるが、グループ参加では子供たちに体験させようとする若い家族で、大会は500名もの皆さんが参加して大会が行われている。。





1-1-1.JPG

大会には、江戸東京野菜の普及に理解を示している小池百合子東京都知事も出席、競技実施前のデモンストレーションでは、マイブーツで大根の引っこ抜きに挑戦、苦労されていたが、「知事!」と、声を掛けたら抜いた大根をこちらに見せてくれた。

上の画像をタップする

開会に当たり、大会会長の前田燿男練馬区長、大会副会長の榎本高一JA東京あおば代表理事組合長などが挨拶をされた後、小池知事は挨拶で、田柄の畑で練馬大根を栽培していることを紹介した。

開会式が終わったところで、改めてご理解をいただいている小池知事に挨拶をさせてもらった。





2-1.JPG

開会式に先立ち、選手全員が、大根畑の中に入り、準備体操。
準備体操の曲は「練馬大根引っこ抜き方教えます」で、作詞作曲は、
江戸東京野菜コンシェルジュの渡戸秀行さん(写真)。

上の画像をタップする
「練馬大根引っこ抜き方教えます」に、独自の振りを付けたのが、
小学校で体操の講師をしている坂田有紀先生。
坂田先生のリードで、ダイコン畑の選手たちが準備体操を行った。






3-1.JPG

農園主の井口良男さんが紹介され、
井口さんが栽培した練馬大根の抜き方を指導した。

上の画像をタップする
大会は、選手権の部からスタートした。
今回の制限時間は、1分間と決まった。


江戸東京野菜コンシェルジュの大野憲司さん(ゼッケン19)は、準優勝をしているので、優勝を目指してのリベンジだから、期待して応援。

今回は、これまで男子で10本が最高だが、大野さんの畦は、これまで2人の選手が挑戦したが、抜いたのは2人で2本という難しい畦。

調子よく5本まで抜いた大野さん、次は抜けずにパスして、
その次で30秒ほどを使ってしまいダウン。
残念、今年は予選敗退となってしまった。






4-1.JPG

選手権の部の反対側に、グループの参加者が集まっていた。

上の画層をタップする

井口さんの畑は、毎年キャベツを栽培している畑。
キャベツの根は大根程深く根を張らないから、深いところは固く締まっていて、そこに大根の根が刺さった感じで、抜けないと、JA東京あおばの渡邊和嘉常務が教えてくれた。





5-1.JPG

大野さんも、予選敗退で家族サービスに徹していた。

上の画像をタップする
江戸東京野菜コンシェルジュ8期の福島珠美さんが、会場に来ていた。
福島さんは、「江戸東京野菜めぐり」のバスツアーにも参加されていて
大根は抜いた経験があるので練馬大根も抜いてみたいという。

協会理事の佐々木昭さんは、折れてしまった。中々抜けない!!。
福島さんは、都合3本の練馬大根を抜いた。立派!! だ。

コンシェルジュの皆さんには体験してもらいたかった。

森とでんえん倶楽部の横山理事長が新宿の子ども達を連れて来ていた。







6-1.JPG

大会に来る楽しみの一つが、すずしろ汁を食べること。

上の画像をタップする
会場に来た、選手も応援団も誰でもいただける。

暫らく行列が出来ていたが、すいたのを見計らって、
農家のお母さん方がつくった野菜たっぷりの
温かい「すずしろ汁」を頂いた。

写真右から、江戸東京野菜コンシェルジュの齊藤朝子先生
福島さん、佐々木理事、
石神井地区で、江戸東京野菜を栽培している
野坂亮太さんも会場に来ていた。







7-1.JPG

とにかく抜けないと云うので、無理をするものだから、折れる大根が続出。

上の画像をタツプする

抜かれた大根は、トラック2台でJA東京あおば石神井支店の駐車場に作られた洗い場へ、ピストン輸送。
洗われた大根は、練馬区内の小中学校で、月曜日(3日)に出される給食用に、学校別に仕分けされて配送される。




a-1.JPG

大会だが、昨年優勝した千葉拓史さんが、総合優勝を果たした。

追録

0001.jpg


月曜日に、齊藤朝子先生から写真が送られてきた。練馬区立の小学校へ出かけたようで

「只今、ツナと大根おろしを混ぜた上に刻み海苔が振られたスパゲッティを食べてまいりました。高学年向きの量で満腹しました。

昨日の大会会場の写真12枚を貼り込んだファイルを持参し、畑から発送の準備まで分かりやすく見せました。6年の2クラスの中で一人の男子生徒が昨日、立野町へ出掛けていたことがわかりました。

「抜けた」と嬉しそうに話してくれました。」
とあった。




posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック