2019年01月30日

第31回 ねりま漬物物産展は8日から10日まで練馬大根の沢庵が販売される。


江戸の時代から練馬は、練馬大根の沢庵漬けによる、漬物産業が盛んだった。
練馬大根栽培の減少から、漬物商も少なくなったとは言え、都内でも最も漬物屋さんが多く、組合を結成している。

昭和60年代、練馬の農家が練馬大根の復活栽培に取り組み始めたことから、練馬漬物事業組合では商品化を始め、平成元年に第1回ねりま漬物物産展を実施し、西武百貨店池袋店の地下の食品売り場で行われてきたが、第27回からは地元開催となり、練馬駅北口の区民・産業プラザ3階のイベントコーナー、ココネリで開催されてきた。

今年 “第31回ねりま漬物物産展” は8日から10日まで練馬区立区民・産業プラザで、ねりま本干沢庵、沢庵漬いろいろ、べったら漬、奈良漬、浅漬いろいろ、練馬伝統の漬物の即売が行われる。



0-1.JPG

江戸東京野菜を栽培している井之口喜實夫さんが、昨年練馬大根を栽培し出荷した(株)雅香岡田では浅漬けにして販売したようだが、物産展ではブースを出して各種漬物を販売する。、

同組合では "おいしい「ぬか漬け」の作り方教室”を2月9日(土曜)に実施する。

申し込みは事前申し込みが必要で上の画像をタップする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック