2019年02月05日

2月9日、和食に特化したした東京すし和食調理専門学校では授業見学会を実施する。


紹介してくれる人がいて、先日、渋谷から田園都市線でひと駅、池尻大橋駅東口から1分にある、東京すし和食調理専門学校に伺った。

東京には、調理、製菓、栄養等を冠した専門学校が40校弱あるが、3カ月から2年制までと色々だ。

同校の渡辺勝学校長にお話を聞くことが出来たが、2016年に和食に特化した2年制として開校した。
充実したカリキュラムと、料理人としての経験豊富な講師陣を揃えて、日本文化を含めて、和食の専門的な知識や技術を教えているという。

せっかくの機会だったので、江戸東京野菜のついても話しを聞いていただいた。




1-1-3.JPG

長谷川哲也和食調理科科長に、ご案内いただいたが、
一人ひとりが集中して桂剥きに取り組んでいた。

上の画像をタップする

和食調理科は、和食料理人コースとすし職人コースがあり、1年次は共通のカリキュラムで調理師資格の取得も目標にしている。

2年次は専門カリキュラムで、
和食料理人コースでは、和食文化実習を中心に、講義やサービス作法を学ぶ。
すし職人コースでは、すし専門実習を中心に、講義、和食文化実習、サービス作法を学ぶ。

2年制課程を卒業後には、1年制の調理研究科の研究コースに進学することも出来る





2-1.JPG

玄関を入ったところに、10数人が座れるカウンターが設置され、
サービス作法や卒業賞味会などに使われる。

上の画像をタツプすると2月9日(土)の授業見学会へ。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック