2019年02月28日

菜の花ガーデン武蔵村山に、のらぼう菜の苗も植わっていた。


新青梅街道を走っていたら、広大な菜の花畑が目に入った、かつて都営村山団地があったところだか、何年か前から菜の花畑になっていて、このところの温かさで満開になった菜の花が一面に咲くさまは否応なく視界に入ってくる。

東大和警察が近くにあるものだから、東大和市だと思っていたら、同署の南側は武蔵村山市だそうで、
武蔵村山市観光課に聞いた。





1-1.JPG

上の画像をタツプする

都営村山団地の老朽化による建て替えが順次行われていて、3.7haの空地を、春の菜の花、7月中旬からはひまわりを植えて、市民の憩いの場として活用しているのだという。





2-1.JPG

上の画像をタップする

観光課によると、2月20日から4月5日まで、入場料、駐車料無料で、
特に3月2日(土)は、青空市として、農産物の販売、モノレールスイーツ、グッズの販売などが行われるという。

菜の花ガーデンはグリーンヘルパーが案内してくれるという。





3-1.JPG

会場を歩いていたら、花が咲いていない一角があった。
良く見ると、のらぼう菜のように見えた。

上の画像をタップする

観光課に聞いたが、担当者はのらぼう菜とは認識していなかったが、菜の花ガーデンとして4月まで花を咲かせるとなると菜花として定植しているのだろう。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック