2019年07月28日

憂鬱な日が続く梅雨、気分を変えて田圃を見に行った。


異常気象で東京の農家も参っているが、水田は良いだろうから、国立市の佐伯寛さんの水田に出かけた。

朝家を出てしばらくすると雨が降ってきた。なんでも東京では連日28日雨が降ったという。




1-1.JPG

田植えをしているときに、田圃の周辺の市民からは
「広々として気持ちがいい」との声も聴かれた。
稲がだいぶ伸びて、癒される景観になっている。

上の画像をタツプする
田圃の北側は樹々が繁るママ下湧水公園だ。






2-1.JPG

梅雨に入ったばかりの時に来たことは、紹介したが
ママ下湧水公園の湧き水は、連日の雨で勢いを増していた。

上の画像をタツプする

7月1日発行の「ママ下通信108号」が張られていたが、
雨に濡れていた。

ママ下湧水公園まで来たので、矢川緑地にも行ってみた。





3-1-1.JPG

矢川緑地保全地区には、桜の咲くころ来ているが
あの時は、柴崎用水の流れを追ってきたら、近くに矢川緑地があった。

木道の両脇は湿性植物保護区域で、
連日の雨で池のように水が溜まっていた。
GOOGLE MAPでみると、都市の中に、素晴らしい自然が残っている。

上の画像をタップする





4-1.JPG

4月に来た時は、刈り取られていたから、田圃かと思っていたが、
来てみたら蒲が鬱蒼としていて蒲の穂が伸びていた。

上の画像をタップする
かつては水田だったと思うが、
東京都が買い上げたのではないだろうか、
これだけの自然を保全するには必要なことだ。






5-1.JPG

湧き水が連なる湧水群の一つを覗くと、
ここでも連日の雨で勢いよく湧いていた。

上の画像をタップする
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック