2019年07月30日

「花王ケミカルだより」のTrendのページで、江戸東京野菜を紹介するからと原稿を依頼された。


先日、花王株式会社のケミカル事業ユニットが年2回発刊する
「花王ケミカルだより」の仕事をしている(有)トモス・ネットワーク
コピーライター井上資巳(ともみ)さんからメールをもらった。

「花王ケミカルだよりの一項目に
「Trend(トレンド)」と題したコラムがあり、
毎号、話題の事柄をピックアップし、
その分野に詳しい方に執筆をお願いしています。

次回、取り上げるテーマとして「江戸東京野菜」を提案したら、
クライアントの花王さんより了承を得ました。
とあった。

2019年12月1日発行予定なので原稿は9月中にとのこと。
ありがたい話なので、喜んでお受けした。

タレントの原田知世、安室奈美恵、藤原紀香などを起用した
数多くの広告コピーをこれまで書いてきた井上さんは、
深大寺南町にお住まいで「深大寺一味会」にも所属している。

私が「深大寺そば学院」で講義をした際、それをお聞きになり
江戸伝統野菜の大切さを再認識したのが
今回私を執筆者に推薦したきっかけだったという。

昨年開かれた「深大寺夏そばを味わう集い」でも
裏方でお手伝いしていたようで、
依頼のメールに深大寺客殿で撮った私の写真が添付されていた。






1-1.JPG

先日、深大寺の「夏そばを味わう集い」で、
依頼された「Trend」の掲載誌をいただいた。

上の画像をタップする
最新号と2016年No.76を参考資料としていただいたが、
No.76には特集 ”江戸の粋「日本そば」の魅力を知る” が
掲載されていたので紹介する。





posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック